[展] 「井上雄彦 最後のマンガ」展

井上雄彦 最後のマンガ展


観てきました。


スラムダンク』に青春の全てを捧げたと言っても過言ではない私が
観に行かないわけが無いでしょと言う事で
混雑が予想される土日を避けて、昨日有給とって行ってまいりましたよ。

井上雄彦 最後のマンガ展

いやしかし、そんな平日ど真ん中であったにもかかわらず
開館時間の10時をちょと過ぎたくらいの美術館前には
もうすでにかなりの人の列が。
平日にこの状態じゃ、土日は想像以上の混雑になんだろうな・・・と
土日しか来られない方々ご愁傷様・・・なぞと思いながら列に並ぶ。

少々の待ち時間の後、入館。観覧。

さて、単刀直入に感想を述べてみるとするならば
本当の本当の本当ーに、見る事が出来て良かったー・・・と
その一言に尽きます。

色んな意味で驚愕して、色んな意味でジンときて、色んな意味で微笑ましく思って
そして色んな意味で感動した。

この色んなと言うのは、本当に色んなで
例えば「井上雄彦ファン」として。例えば「『バガボンド』読者」として。
そして「素人ながら漫画を描いた経験のある者」として。
「おじいちゃん好き」として。「腐女子」として。
って、なんか後半変なの混ざってますが
でもそう言う私の中にある色んな分野のツボが、色んな方向からギンギン刺激されて
だから一言では上手く説明するのは難しいのですが
でもとにかく見て良かったと。見られて良かったと。
そんな風に思える展覧会でした。


内容は、簡単に言ってしまえば「生原稿の展示」です。
通路の壁面にズラリと並べられている生原稿を
自分のペースで順繰りに読み進んでゆく形。
つけペンで線を書き、トーンが貼られている様な通常の原稿から
会場の天井に届くほどの巨大な用紙に墨で描かれたものまで
作品の形状は多種多様。

ちなみにその作品群は、これまで発表されてきた既存の作品の
名シーンをピックアップしたようなものではありません。
展示されている100以上におよぶ作品は
全てこの展覧会の為だけに描かれたもので
そして、それらは1つ1つバラバラな物ではなく、全てで1つの物語。
そう100数ページの「書き下ろし漫画」なのです。

もうこの時点で
「生原稿が見られる事」「未発表の作品を読める事」
という2つの感動があるわけですが
さらに感動する事に
全ての作品はガラスケースに入れられているわけでも
柵があって離れたところからしか見られないわけでも無く
間近に、鼻がくっつきそうなほどに顔を近づけて見ても構わない
そんな展示のされ方をしているのですよ。
(だからって触っちゃダメですからね!!)

実際に私はめちゃくちゃ顔を近付けて
細部までまじまじと舐め回すように見てきました。
細かい景色の描写、人物の睫毛の一本一本。
印刷されたものではなく、本当に手で書いた事が分かる
線一本一本のざらつき。乾いたインクの光沢。
コマからはみ出した部分を修正したホワイトのデコボコ。
トーンかと思ったカケアミが、良く見たら手書きだった事の衝撃。
ちょっとマニアックな話ですけど
でもそういう生原稿だからこそ見る事が出来る部分を
本当に目を近付けて、この目で見る事が出来る凄さ。
もう“感嘆”としか言いようが無かった。
こんな観覧方法を許可してくれて、本当に、本当にありがとう。


展示された作品のストーリーについては詳しくは書きませんが
しかし、これだけは注意を含めて書いておこうと思います。

内容は現在人気連載中の『バガボンド』のストーリーです。

ですから、『スラムダンク』は大好きだけど『バカボンド』は未読。
なんて方は十分に注意が必要です。
いや、未読であっても「生原稿を見られる」という事だけで十分観覧の価値はありますが
でもストーリーが分かる分からないでは感動の差は歴然。
と言うのも、実は私・・・『バガボンド』をまだ既刊分全巻読破出来ていませんで・・・。
ですから正直な話、作中に登場する人物にちょっと分からない人がいて
凄い、その事で凄い悔しい思いをっ・・・(涙)。
だから!!まだ読んでない人は、これを良い機会だと思って一気読みしましょう!!
読んだ人も読み返してから行きましょう!!
経験者は語る!!です。悔しい思いをしてからじゃ遅いんだからねー!!

あと、腐った女子と書いて腐女子の皆様へ通達。
相手を誰とは限定しませんが、たけしゃんと登場人物の誰がしかで
腐った萌え妄想を繰り広げた事のある方は、絶対に見に行くように!!
これはお勧めなどではなく、むしろ命令です。
とりあえず私と一緒に行った腐友人は
「イノタケはどこまで腐女子の心を掴んだら気が済むんじゃぁぁぁ!!」
と心の中で絶叫し、そして心の中で大悶絶しました。
見ないと損しますよ。いいから行っとけ。


そんなわけで、兎にも角にも、とりあえず井上氏が好きな方で
上野に足を運べるところのお住まいの方は、行っておく事をお薦め致します。
行きたくても行けない方が、全国にきっととってもいっぱいいるんですから
見に行ける事を有り難く思わねば!!ですよ。
5/24(土)〜7/6(日)まで上野の森美術館にて開催。
是非!!是非!!是非!!お勧めです!!


あ、そうだ。最後にひとつだけ難点。
スタッフの方々が着ていた“おじいちゃん魂柄Tシャツ”。
なぜ販売してくれなかったんですかーーー!!!!
いやあれはもちろんスタッフさん限定、専用柄だったのは重々承知です。だけど!!
まったく同じ柄でなくても良かったから
おじいちゃん柄を、あのおじいちゃん柄のTシャツが欲しかったですよう・・・ううう。
後でオフィシャルで製品化とか。待ってまーす!!


★上野の森美術館 : http://www.ueno-mori.org/
★公式HP「FLOWER」 : http://www.flow-er.co.jp/

[ amazon詳細 : 『バガボンド (28)』 / 『スラムダンク完全版 全24巻』 ]
posted by 麻吉 at 2008/06/19 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | OTHER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・行きたいのに、行けません。
「最後の」とうたっている限り、
本当に最後なんでしょう。はぁぁぁぁぁ…

食い入るように見たい。
Posted by ラ at 2008年06月20日 19:03
場所は上野ですか。
行きたいがお金が無い。遠いな。
大阪でやってはくれないだろうか・・・。
めっちゃ見に行きたいよ!!!!
Posted by コミック大好き at 2008年07月29日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101072709

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。