「屍蝋の街」 我孫子武丸

屍蝋の街

屍蝋の街
我孫子 武丸 / 双葉社 (1999/08、文庫2002/10)


評価:★★★★☆


我孫子先生!!ノッケから腐女子大歓喜な展開を持ってくるだなんて
そんなサービスは・・・有難う御座います!!ご馳走様でしたーっ!!


近未来ハードボイルドアクション作品としての面白さだけに留まらず
男性作家様が書いた一般向け作品でありながら、なぜかBL色濃厚。
尚且つそれが「オッサン(40歳)」と「少年(17歳)」で、片方ノンケの片思い。
と言う色んな意味で私のツボを刺激しまくりまくった
腐蝕の街』の続編作品であります!!!!

と、興奮にまかせてこのまま感想を書いてしまいたいところですが
ここはひとまずクールダウン。1つだけ警告しておきたい事があります。

本作『屍蝋』の感想を書くには、どうしても前作『腐蝕』のラストに関わる
重要な要素について触れなければなりません。
ですから『腐蝕』未読の方は、これ以上本文章を読み進めないで下さい。
だって。本当に。物凄く勿体無いから!!

まずは前作感想の“こちら”へ足を運んで頂き
そちらに先に興味を持って頂けたら幸いです。宜しくお願い致します!!


さーさて本題。

“ドク”に警戒しながらも、平穏な日常を取り戻しつつあった溝口とシンバ。
しかしそんな彼らに、暴徒と化したネットジャンキーたちが突然襲い掛かってきた!!
彼らが狙うは、賞金の掛けられた溝口とシンバの首。
そして溝口達の逃亡に手を貸した優しい人々の命!!
最悪なルールのこのゲームに、溝口達は翻弄され、追い詰められてゆく・・・。


はーもう、今回もハラハラドキドキしましたよーー!!

前回は姿の見えない亡霊のような敵との戦いで
その敵の謎に迫る頭脳戦的な内容でありましたが
今回の敵は、姿はあっても全体像が把握出来ないほど数が膨大。
それゆえ、誰が敵で誰が敵で無いかも分からず
さっき普通に道ですれ違った人間が、もしかしたら敵だったかもしれないという恐怖。
人目につかないよう行動しなくては
即座にジャンキーどもに情報は漏れ、餌食になってしまうけれど
でも、ひとつの場所でジッとしているわけにもいかない。
目指す黒幕の居場所が分かっていても、そこに辿り着けない焦繰感!!

更に更に、そんな形ある敵だけでなくて
要所要所で内なる敵(ドク)が溝口の体を乗っ取ろうと仕掛けてくるし。
溝口はこんな大変な時に目を怪我して一人で歩く事も出来なくなっちゃうし。
あーもう本当、どーなっちゃうんだよー!!って。
前作が「のんびり」だったと感じてしまうほどの疾走感でした。
うーん凄かった!!


そして・・・お待ちかねの萌え方面の内容ですが・・・。
これが・・・前作にも増して、もどかしい事になってましてー!!!!

前作ではシンバの切ない想いにキュンとさせられっ放しだったわけですけども
今回はなんと、溝口も苦悩するんですよー!!それがまたっ!!ジタバタ
もちろんシンバはシンバで、溝口に対する気持ちもそうだけども
今はもうネコ(男娼)は辞めたとは言え、やっていた過去は消せないわけで
その事に酷く苦しんだり・・・。

ああもう本当にさ!!シンバは生意気だけどこんなに一生懸命で
苦しいのに強がっちゃって、お姉さん読んでて切なくて仕方が無かったよ!!
だから、溝口は早くシンバを幸せにしてやれってんですよ!!
んもーお前ら早いとこくっついちまえよっ!!

いや・・・でもこう、このもどかしさが良いのか。
じゃあくっつかなくて良いか(ヒドイ!!)。

しかし、現実は・・・
その辺の事、あやふやなまま終わっちゃうんですけどね、これがまた!!
そんな状態で私達をほっぽり出すなんて・・・先生酷過ぎやしませんか!?
こんな終わり方じゃ納得いかんよ!!先生の馬鹿馬鹿ー!!・゜・(ノД`)・゜・

そんなわけで、滅茶苦茶面白かったけれど、★1個減点デス!!


・・・と、まぁここまでが
本作を読み終わった時点での素直な感想でありました。
さて、本作を読んでからどの位の月日が流れたでありましょうか。
最近になって、こんな情報が私の耳に入ってきたのです・・・

小説推理』でシリーズ第3段にあたる作品『禁忌の街』を連載。
更に今年の7月号で連載は無事終了。

マ・ジ・デ・ス・カーーーー!!??
いやだって『屍蝋』が発売されたの1999年ですよ。
『腐蝕』と『屍蝋』の間も4年も掛かってましたけども、でも今回は9年ですよ。
その間何の音沙汰も無しで。流石に“これ”は“これ”で終わりなのかと思うじゃない!!
それが・・・なんと・・・またこの二人に逢えるだなんて・・・。
先生、本当有難う御座いましたーーーーー!!・゜・(ノД`)・゜・バカナンテイッテゴメン


そんなわけで、続編があるとなれば話は別。
評価は満点“★5つ”!!にしようかとも思ったのですが
しかし本作を読んだ直後の素直な感想を尊重しまして
今回の評価は“★4つ”のままにしておきました。

だから、★が少なくても、それは面白くなかったと言うことではなくて
凄く面白いですから、前作『腐蝕』を読んだ人は絶対読んで下さいね!!

あと、昔、例えば本作を雑誌掲載時に、もしくは発売直後に読んだと言う皆様。
当時はまるでSFのように感じていた内容も
ネット環境が当時に比べ身近な物になった今読み返してみると
逃げられない、追い詰められる感は、より一層リアルに感じられる事でしょう。
私は実際怖く感じました。ネットは怖いね!!大好きだけど!!
なので、久々に再読してみては如何でしょうか?

兎にも角にも、色んな方面でお勧め作品。
是非、皆様に読んで頂きたい!!
そして皆で一緒に『禁忌の街』を心待ちにしましょうぞ!!


最後に余談。
早川君、結構好きだったから、あの展開はちょっと残念だったな・・・。
しかし、それより何よりおじいちゃん!!お医者さんのおじいちゃん!!
ああ、もうあああああぁぁ・゜・(ノД`)・゜・


[ amazon詳細 : 『屍蝋の街』 / 文庫『屍蝋の街』 ]



☆関連記事
「腐蝕の街」 我孫子武丸
「殺戮にいたる病」 我孫子武丸
「殺戮にいたる病」 我孫子武丸 ※再読
posted by 麻吉 at 2008/10/28 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。