「百器徒然袋―雨」 京極夏彦

百器徒然袋―雨 (講談社ノベルス)

百器徒然袋―雨
京極 夏彦 / 講談社 (1999/11、文庫2005/09)


評価:★★★★★(満点!!)


榎木津好きにはたまらない!!
薔薇十字探偵社で巻き起こった奇妙な事件の短編集です。
京極堂シリーズの番外編。

薔薇十字探偵社が中心とはいえ
本編の主力陣が全員登場しますので
本編が好きな方ならどたなでも楽しめるのではないでしょうか。

この番外編のシリーズを読んでいて感じた事は
まるで自分が参加しているような幸福感。

この作品は一人の平凡な男性が
全編通して主人公となっているのですが
彼がとても普通の人の為、感情移入がし易く
あたかも自分が彼に成り代わり
あの可笑しな面々の中に入り込めたような
気持ちになれるのです。

それは京極堂シリーズが好きな方には
たまらない幸福だと思うのですが如何でしょうか?

最後に
本編の内容後日談が多く登場します。
本編を完読してからお読み下さい。


[ amazon詳細 : 『百器徒然袋―雨』 / 文庫版『百器徒然袋―雨』 ]



☆関連記事
「魍魎の匣 (1)」 志水アキ 京極夏彦
posted by 麻吉 at 2006/04/27 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。