[MOVIE] 弟切草

弟切草 特別編 インタラクティブエディション

弟切草
角川エンタテインメント (2001/07/21)


評価:★★☆☆☆


※完全にネタバレです※


もちろん原作ゲーム『弟切草』は私もプレイしましたが
実は・・・完全なクリアは出来ておらず・・・
何度やっても「燃える館から彼女の手を引き脱出。
ほっと胸を撫で下ろしたら、その彼女は奈美ではなく直美だった!!ガーン」
という・・・ね・・・。
謎とか全然分からないまま、友人にそっとソフトを返した。
そんな思い出の作品であります。

そんなわけですので
原作ゲームにそれほど思い入れがあるわけでもなく
でも全然知らないわけでも無い。
そんな微妙な立場だったからか
世で言われまくっている酷評ほど悪い作品では無いと思いました。

いやまあGyaOで無料で、気負いもせずにのんびり見たからで
映画館でお金払って見ていたら
「フンガー!!」となっていたかも知れませんが・・・。


さて、ではどの辺りが良かったかと申しますと

まずは舞台の洋館。
作りはチープではありましたが
このホラーゲームでよくありがちな構造や内装は
バイオハザード』などを好んでプレイしている私には
おおおーという感じでした。
私も歩きまわってドキドキしてみたい!!
もしかして当時富士急ハイランドなどで
アトラクション化されたりしていましたっけ?
絶対面白いと思うなー。


次に良かったのは
主人公がゲーム会社を運営しているという設定を利用し
館内を撮影した画像を会社にいる仲間のもとに転送。
グラフィック作業が得意な子が、それを元にMap作成、3D化。
それによって、不振な空間がある→隠し部屋?
という流れはなかなか良かったと思います。
上手い!!


あと最後に、私的に一番「おお」と思った事ですが
父親の変質的な行為として
絵の題材にするために少女をさらい、虐待行為をしていたと思われた事が
実はそれらは全て「少女」ではなく
女装させられた「少年」であったという・・・。
す、素晴らしい!!
対象が女の子であったならば
猟奇的と言うよりもただの「変態」というレベルで終わっていたであろう事が
少年だと分かっただけで異常性が増し、猟奇へ変貌してゆく。
ナイス!!ナイスですお父さん!!

その倒錯した思想が、書斎で日記を発見→詳しく分かる。
なんてエピソードで深く知る事が出来たら、より一層良かったのに。
詳しく語られなかったのは本当に残念です。


全体的に評価をすると
まあそんな大作でもありませんし、B級ホラーと言う感じではあります。
原作ファンやホラーファンが多大な期待をして見たらきっとガッカリでしょう。
しかし、屋敷内をライト一つで探索する時などは
ちゃんとずっとドキドキ出来たので
それなりにホラー作品として面白かったと思います。
まあ、ラストで台無し!!というご意見には
何も反論出来ませんけどねー・・・。とほ。



最後に余談ですが
このDVD表紙の画像(クリックで拡大画像表示)
凄く素敵じゃないですか!?
ポスターであったらちょっと欲しいかも。探してみようかな。


さらに余談ですが
ゲームプレイ当時はそれほど世間に知られていなかった
「セントジョーンズワード」(弟切草の洋名)ですが
最近はサプリメントとして薬局などに普通に置いてあって
身近な存在になってしまったので
なんだかオドロオドロしいイメージよりも
「庭にセントジョーンズワード植えてるなんて、健康的な家ねー」なんて。
いや精神安定剤に用いられる薬草なので
まあ、不気味と言えば不気味なわけですけどね・・・。


[ amazon詳細 : 『弟切草 特別編 インタラクティブエディション』 ]
posted by 麻吉 at 2006/07/02 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE / TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。