「クマとインテリ」 basso

クマとインテリ

クマとインテリ
basso / 茜新社 (2005/05/14)


評価:★★★★★(満点!!)


※BL(ボーイズラブ)作品です。ご注意下さい※


リストランテ・パラディーゾ』の作者でありますオノ・ナツメさんの
BL作品時のお名前「bosso」名義の作品集であります。

表題作の他に8編の物語が収録されている本作。
その内の3作、30ページ以上が書き下ろしというお得な一冊!!
オノナツメファンなら買わずしてどうする!!

なんて。いやちょっと待った!!
リスパラの流れでこれも・・・とお考えの方、結構いらっしゃると思うのですが
本書はかすかにBL・・・ではなくガッツリBLです。本番有りです。
(そんなにハードなものではありませんが・・・)
これはBLに理解の無い方が手を出してはいけない領域。
そのへんを重々承知の上で、ご入手下さい。


さてさて、内容ですが・・・
ああもうツボ!!ツボだらけ!!

私的に一番のオススメは、なんと言っても表題作「クマとインテリ」!!
この直球な題名通り、クマ系ヒゲもじゃカメラマン(26歳)と
インテリ眼鏡政治家(初老)の切ない愛の物語。
・・・ああトキメキです。胸キュンです。
私的ツボ「下克上(年下攻)」な上に受が「初老」ですよ!!
そのうえインテリ眼鏡・・・きっと老眼鏡・・・。
相手のヒゲっぷりももう・・・たまらん!!
このトキメキどうしたらいいんだー!!ジタバタジタバタ

「初老受」もしくは「オヤジ受」は
鹿乃しうこさんの『君さえいれば』から始まり
直野儚羅さんの『抱きしめたくない』『欲望少年』などで
私の中に脈々と培われてきたマストアイテム。

マニアックゆえに、なかなかお目にかかれず。
ゆえに見付けた時の感動と言ったら・・・。
ありがとうオノ・・・いやbasso様!!一生ついてゆきます!!


この作品はキャスティングはもとより、物語の内容もまた実に良く
思わず涙腺が緩んでしまったほど。
ラストのファウストの照れた笑顔は一級品ですよね。
ああ、後日談とか無いんですかね。読みたいなー。


他の作品も、言うまでも無く全てが素敵で!!
あ、そうそう。オノさんの作品はイタリアを舞台にしているイメージが強いですが
本作には珍しく日本が舞台の
「黒山さんのニオイ」という作品が収録されておりまして。
これが・・・これがまた・・・凄く良いんですよ!!
黒山さんは陽気なサラリーマン。中年。
なのにこの酒に酔った姿の可愛らしさったら!!
良く考えたら、この作品も中年受け+眼鏡でしたね。その上スーツ。
そりゃ萌えないはずがないですよ。はっはっはっはっは。


★basso公式HP : tasso

[ amazon詳細 : 『クマとインテリ』 ]



☆関連記事
「amato amaro」 basso

「リストランテ・パラディーゾ」 オノ・ナツメ
「GENTE〜リストランテの人々〜 (1)」 オノ・ナツメ

「初老・中年・オヤジ系BL作品」まとめ
posted by 麻吉 at 2006/07/05 00:45 | Comment(3) | TrackBack(1) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、shite blog管理人のshiteです。

TBありがとうございました!(^∀^)ノ

センスとエッジの効いたストーリーで、商業BLの良い意味でも悪い意味でも、少女漫画的なトコロは全くウケない感じが好きです。文学的でさえある。

イタリアが異空間に感じます。(笑)
絵になるお国柄ですしね、bassoさんの絵も又いい味出てますしね。
ときめきいっぱいでしたね♪

コチラからも、TBさせて頂きます!
おジャマしました。<(_ _)>
Posted by shite at 2006年07月06日 01:28
>shite様
わ、こちらこそTB有難う御座いました!!
bassoさんは本当にこの独特の雰囲気とか萌えの着眼点とか
他の方のBL作品とは一味も二味も違って良いですよね〜。
カッコイイだけじゃなくてちゃんと胸キュンで。
目が離せませんです。
Posted by 麻吉@管理人 at 2006年07月22日 01:09
ジュンク堂の大きな棚からこれを見つけ出した時からオノファンになってしまいました。
瞬く間に有名どころになって瞠目していますが…
見つけたときはたった一冊、ひっそりとあったのに今ではどこに行ってもオノ・basso既刊が平積みですからねえ。今なら簡単に手に入ったのに…
そういえば、basso名義のHPがあったんですね、知りませんでした。
Posted by 鯖 at 2007年04月10日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
老眼鏡紳士!!最強!(>0<) 待ってました。bassoさんでの単行本! 文句なし!いいや。もう大好きです。 イタリア政治家話から、日本のサラリー話まで、個性的レパートリーの..
shite blog | 2006-07-06 01:15