[GAME] 鬼作

鬼作 DVD-ROM

鬼作
エルフ (2001/09/28)


評価:★★★★☆


※18禁PCゲームです。ご注意下さい※


本当は『臭作』を再プレイしようと思ったのですが
なぜか手元にDISCが無く・・・(どこいったんだ)
そんなわけで堀部氏追悼の意も込めて
『鬼作』を久し振りにプレイしてみたのでありました。


このゲーム。ご存知無い方のために説明しますと
エルフから発売された「○作シリーズ」の中のひとつで。
長兄『遺作』、次男『臭作』、三男『鬼作』がそれぞれ主人公となり
女性を襲いまくると言う。一言で言って「鬼畜ゲー」です。

シリーズとは言うものの、それぞれゲームジャンルに違いがあり
ちなみに『鬼作』は「盗撮陵辱立身出世AVG」。(凄いジャンル名だな・・・)
某会社の社員寮管理人として潜り込んだ鬼作の行動を指定し
社員や社員の家族達の周りを嗅ぎまわり盗撮。
それをネタに女性を追い込み・・・。
完全に非人道的な、非常に「イケナイ」ゲームであります。


女子高の寮の管理人となり盗撮をする『臭作』と内容は同じようですが
これがまた結構違うのですよね。

本作では、なんと管理人の仕事だけでなく
社員に登用され、営業の仕事もしなくてはいけないのです!!
あの「鬼作」が営業・・・(笑)。
なので、純粋に盗撮にのみ力を注ぐわけにいきません。
社内で事務処理、外回りで営業をこなし
期間内に営業ノルマを達成しなければ「リストラ」→「ゲームオーバー」。

それと、これはちょっと残念な部分でもあるのですが。
前作『臭作』は少女達の一日の行動を把握して
少女がいない時間を狙って部屋にカメラを設置
そしてまた後でいない時間にカメラ回収
というスリリングさと知力勝負な部分が特に魅力的であったのですが。
今回の盗撮は、寮内や町中を歩き回っている時に
偶然遭遇した事をカメラに収める。という方法。
なので計画を練って挑む!という感じでは無くなってしまいました。


そんなわけですので、「挑み度」とでも申しましょうか。
自分から進んで2周目、3周目と
より効率の良さを考えつつやり込んでしまう『臭作』に対して
『鬼作』はCGコンプリートの為に渋々・・・といった感が否めず。
面白さはやはり前作の方が上だなーと改めて思ってしまったのでありました。

あーやっぱり臭作プレイしたい。DISCどこいっちゃったんだよーもー。


あ、でも!!でもですね、鬼作だって十分面白いゲームなのですよ!!

鬼作は、変な話ですけど、なんか憎めない部分があって。
いや駄目なんですよ!!犯罪者ですよ!!
でも結果的におじいちゃん助けてあげちゃったりとか
女の子の洋服縫ってあげちゃったりとか
狙った女の子に惚れられちゃったりとか。
「遺作」や「臭作」には無い
末っ子ゆえのなんだか可愛らしさみたいな部分があって。

だからあの裏ルートの話は純粋に良かったねーって思えたし。
あと円香ENDも切ないけれど好き。
というか、円香ちゃん好きです。良い子だよ〜・゜・(ノД`)・゜・


今回本当に久し振りにプレイして
凄く懐かしくて!!本当に面白くて!!
この作品が世に出てから結構月日は経っていますが
全然古臭くなんか無いし、むしろ今大量に発売されているゲームなんかより
よっぽど面白いと思いました。
このシリーズ。未プレイで、陵辱モノ大丈夫という方いましたら
『臭作』共々、遊んでみるべきだと私は思います!!
お薦めです!!

さーて、残りのCG集めしちゃいますかね〜。ふっふふふ


[ amazon詳細 : 『遺作』 / 『臭作』 / 『鬼作』 ]



☆関連記事
[TOPIC] 故 堀部秀郎氏 追悼
posted by 麻吉 at 2006/07/12 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック