「おせん (9)」 きくち正太

おせん 9 (9) (イブニングKC)

おせん (9)
きくち 正太 / 講談社 (2005/02/23)


評価:★★★★☆


またしても、とびとびで入手。
今回はこの時期にピッタリの、夏の沖縄がメインの物語です。


あ、でも自分的には、その沖縄編の前後に載っていた
「素麺」と「お茶漬け」の話が凄く良かったです。
あの「素麺のぶっかけゴマ油風味」なんて、実際に作ってみましたよ!!
これがまた、簡単なのにべらぼうに美味しくて!!
もーうヤミツキ!!

素麺は元々嫌いではないですけれど
でも普通に麺つゆにつけて食べると一束食べ切れなかったりするのに
この食べ方だと一束でも足りないくらい!!
ちゃんと腹に溜まるのに、もっと食べたくなっちゃうのですよ〜。
本当、夏バテの食欲不振なんて、どこか吹っ飛んじゃう!!

しかし、素麺だからヘルシーそうだけれど
しっかりとゴマ油入ってるわけだし、カロリー結構あるんだろうな・・・。
お、恐ろしい。恐ろしや、おせんマジック!!


ちなみに本作は、取り上げた料理の
作る手順や重要ポイントなどは載せていても
細かい分量なんかは書かれていません。
この素麺も「たっぷりのおかかに、たーっぷりのネギに茗荷さん」
なんて超適当な分量表現で
1回で完璧に作る事は出来ないかもしれませんが
でも1度試しで作ってみると、大体自分好みの分量は分かりますから
もっと塩っぱくしようーとか、薬味を増やそうーとか。
なんとかなるもんですよ。

ちなみに私的には、ゴマ油は入れ過ぎかと思う位ドバーっと。
ネギは茗荷や鰹節よりは少な目で。
ネギ。大好きなのですが、入れすぎると他の味が負けちゃうから。
ちなみに、素麺でなくて蕎麦でも美味しかったですよ〜!!

素麺はもう食べ飽きて見るのもイヤ!!
そんな貴方。本巻を参考に新しい素麺の食べ方にチャレンジしてみては?


あとは流石に実践は難しそうかな。
お茶漬けも。あれはかなり難しいよね。そもそもお茶が高級品だしね。
でも美味しそうだった〜!!食べてみたいよー!!

そう言えば、その話に出てきた女店長さん。
当たり前の事だと言ってしまえば終わりですが。
ちゃんと筋を通しにおせんさんに挨拶に行く姿に、ちょっと惚れました。
良いよね。良い人だよね。人を見る目もあるし。

あ、そう言えば!!
今回は7巻の感想に書いた
骨董目利きの真子ちゃんの登場シーンがちょろっとあって
嬉しかったですよ〜!!ふっふっふ
この先もちょくちょく登場しそうですね。楽しみだーい!!


[ amazon詳細 : 『おせん (9)』 ]



☆関連記事
「おせん (1)」 きくち正太
「おせん (2)」 きくち正太
「おせん (7)」 きくち正太
posted by 麻吉 at 2006/08/06 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21984385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。