「ZOO(1)」SO-far そ・ふぁー/陽だまりの詩/ZOO 乙一

ZOO〈1〉 (集英社文庫)

ZOO〈1〉
乙一 / 集英社 (2006/05)


映画化もされた、乙一氏の代表作の文庫版。
文庫化にあたり、内容が2冊に分けられています。本作には
「カザリとヨーコ」「SEVEN ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」「陽だまりの詩」「ZOO」
の5作が収録。

それぞれの物語に感想を書きたかったので
今回は2回に分けて。
「カザリとヨーコ」と「SEVEN ROOMS」の感想は こちら



「SO-far そ・ふぁー」 評価:★★★☆☆

ある日突然、不思議な事が起きた。
母には父の、父には母の姿が見えないと言うのだ。
ボクにはちゃんと二人の姿が見え、声が聞こえているのに。
その日からボクは、二人の間に入り、言葉を中継することを始めた。

なんでそんなに天邪鬼なのかと
自分を小一時間問い詰めたいところですが
「カザリとヨーコ」で何も驚く展開が無かった事に不満だったくせに
本作での最後に迎える出来事に「そんな展開はいらねーよ!!」
と思ってしまいました(ヒ、ヒドイ)。

だって、その終盤へ向かうまでの物語の空気が凄く良かったのだもの。
確かに最後にはこの不思議さの意味が
解明されるのであろうとは思っていたわけですけど
でも、そんな不思議な中でも、淡く、優しく、暖かく時間は流れていて
淡い光が差し込み、風に揺れるカーテン
真っ白な壁のリビングと、そこに置かれたソファーが目に浮かぶようだった。

むしろそのままで良いとさえ思えていたのです。
不完全な家族だけれど、でもこのままでも幸せだと。
こんな展開で、その空気が一瞬で消え去ってしまったのが
悔しくて仕方が無かった。

醜い心。醜い行為。でもそれこそが現実。リアルなんだよな・・・。



「陽だまりの詩」 評価:★★★☆☆

私は彼の手により作り出されたロボット。
病に侵された彼を看取り、埋葬する為だけに作り出された。
知識はあるが、感情の無い私に彼は課題を出す。
「僕を正しく埋葬するために、きみには『死』を学んでほしい」。

それは意図的にむしろ作戦としてそうしていたのだと思うのです。
作られたばかりのロボットの稚拙さを表現したかったのだと。
しかし、その文章の語尾が全て
「だった。」「した。」になっている事に耐えられなかった!!
これ以上は無いほどに読み難くて、物語にまったく没頭できなかった。
「死とは何か」という、心に迫る素敵なテーマであったのに。
世界観も、空気も素敵だったのに。あーもう勿体無い!!

かつて『アルジャーノンに花束を』で
手術をする前の知能が低い時は文章が「ひらがな」で
知能が上昇するにつれて、難しい漢字や語句が増えてゆく。
そんな方法で、主人公の成長と衰退を表現していた事があって。
この時も「ひらがな」と間違いだらけの文章は読むのが大変で
正直苦痛に思うほどだったのですが
しかし、その状態はそれほど長くは続かなかったし
その後の変化の凄さに、感嘆したのを覚えているのですが。
今回の場合は、終わり間際まで、ほぼずーっとそのままで
変化も目を見張る程ではなく・・・。

もしこれが私の勝手な思い込みで
「そんな戦略など盛り込んでいないよ」と言うのだとしたら
ただ単に文章が稚拙だって事になっちゃうじゃないですか。
それも・・・どうなの?

あ、あとオチに繋がる布石も、分かり安すぎだったと思うな・・・。

それでもなぜ★3つかと言えば、物語に広がる空気が良かったから。
澄んでいて、綺麗で、温かだったから。
あ、なんだか「SO-far そ・ふぁー」と同じ事言ってますね。
でも本当にこの2作品は、物語の雰囲気が極上であっただけに
オチだとか言葉尻だとか、そんな小さな事で世界観が壊れて。
凄く勿体無かったと思ったのでした。



「ZOO」 評価:★★★★☆

朝、郵便受けを覗くと、そこには毎日一枚の写真が入っている。
彼女の死体の写真。彼女が腐ってゆく過程を撮った写真。
はじめ彼女の姿をしていたものが、今では面影も無い。
誰が、何の為にこの写真を?

この作品。実はこれまでの物語の中で
一番共感出来るお話でした。
そんな事書くと「頭大丈夫か?」とか思われてしまいそうですが(苦笑)。

警察に自首をしなくてはと思う気持ちと、でも行きたくないという葛藤。
毎日毎日、決心をする為に同じ行動は繰り返され
その度に決心をするのだけれど、でも実行に移される事は無い。
警察に行こうと思う気持ちも嘘ではないし。
だけどやっぱり行きたくなくて。
最後に決心を鈍らせる物を配置したのは、彼の心の弱さ。
「それじゃしょうがないよね」なんて、自分に言い聞かせて。

この彼の行動はさすがに極端ですけど
でも自分で分かっていて、でも自分に言い聞かせるように
自分に演技することってありますよね。
私なんかは、物凄く理屈っぽい人間なんで、本当に良くある。

例えば、今度の休日には絶対に出掛けようと決めていて
でも当日になったら出掛けたくなくなってしまった。
本当は疲れているから、ただ面倒になったからという理由なのに
天気のせいにしてみたりする。
「雨振ってるじゃん。今日はやめとくかー」なんて。
わざわざ声に出して言ってみたりする。
そして最後の切り札は「別に急ぎの用事じゃないし、来週でいいや」。
これが何週間も繰り返されたりするのだ。
出掛けたいと思う気持ちも本当。面倒だと思う気持ちも本当。
出不精なもんで。はっはっは。

その嘘を、例えば誰か一緒に行く人がいて
その人に対してつくならまだしも、相手は自分なんだよね。
それが本当の理由でないと分かっているのに。

この話を読んで、その行為がいかに馬鹿げているか痛感しました。
まさに「人の振り見て我が振り直せ」だ。
ああでも。そう思ってもやっぱり。
思わずやってしまうのだろうな・・・。弱い自分。うう。

他にも本作の良いところは
こんなに暗く、狂った世界であるのに
最後に明るい未来が開ける所。いや明るくは無いか。
でも永遠に続くかと思われた迷宮から脱出が出来たのだから
これはハッピーエンドだ。
自力での脱出だったら、もっと良かったのですけどね。


[ amazon詳細 : 『ZOO〈1〉』 ]



☆関連記事
「ZOO(1)」乙一 カザリとヨーコ/SEVEN ROOMS

「夏と花火と私の死体」 乙一
「GOTH」 大岩ケンヂ/乙一
posted by 麻吉 at 2006/08/09 21:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22144896

この記事へのトラックバック
「乙一(おついち)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:夏と花火と私の死体、GOTH リストカット事件、ZOO、暗いところで待ち合わせ、七つの黒い夢、さみしさの周波数、..
読書感想トラックバックセンター | 2006-08-23 06:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。