[MOVIE] 鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート


評価:★★★★★(満点!!)+★(感動!!)


あんしん。あんしん。


新宿ミラノ座で開催された「東京国際シネフェスティバル」にて視聴。
一人で観に行ったもので、見終わった後に誰かと感想を語り合う事叶わず
こう悶々と溜め込んで帰ってきて。いざ吐き出すぞー!!とPCに向かうも
気持ちが高揚し過ぎて上手くまとめる事が出来ず。
あーでもない、こーでもないと、書いたり消したり書いたり消したりしていたら
結局一般公開の日まで来てしまったのでありました。

今もこれを書き込みながら、まだウダウダ考えているのですが
でも1つだけ、この作品について一言ハッキリと言える事があります。それは


映画『鉄コン筋クリート』は本当に「凄い作品だった」と言う事。


凄くて、凄くて、凄くて。
何個「凄い」を書いても足りない位、物凄く完成度の高い映画でした。

声も、色も、音も、造形も、動きも。宝町の街並みも。
全て。本当に全て。何もかもに文句の付け所がありませんでした。

普通、漫画や小説を映像化した場合、その原作を好きであればあるほど
自分の考えてた声と違うとか、好きなシーンが省略されててガッカリした
なんて文句を言いたくなる部分が出てるものですけど
そういう事が一切無くて。

声なんて特に、話題性ばかりを優先して俳優さんを起用したりすると
ほとんどの場合「あーあ・・・」となる事が多いのに
全然問題無くて。シロもクロも。想像していた通りで。
本当不思議なくらいで。


なんて。なんだかこれだけ大絶賛してしまうと
逆に胡散臭くなってしまう気もしますが。
でも、私自身原作が大大大好きで、本作は期待し過ぎ位の気持ちで見に行って
それでもまったく裏切られる事なく
むしろ期待を上回るほどの素晴らしい出来であったものだから。
だから胸を張って、お薦めです!!と言い切る事が出来ます。

あ、でも・・・。
ここまでの絶賛は、あくまで「原作好き」な私の感想でありまして。
原作を知らない方が観て、同じように感動出来るか。はちょっと疑問です。
後半のクロとイタチあたりのシーンは原作でもそうですが
映画ではより一層抽象的な描かれ方をしていたので
一度見ただけで理解するのは難しいかもしれません・・・。
だからと言って、原作読んでからの方が良いよ。と言って良いものか。
うーむ。難しいところだな・・・。

そう考えると、全員が全員にお勧め!!と言えなくなってしまいましたが
しかし、とりあえず原作ファンの方は絶対に楽しめますので。
ファンだから楽しめる。ファンだからこそ感動できる作品。
観ないと損です。原作好きなら観ておけ。もう強制。命令。
本当に心からお薦め致します!!



最後にオマケ。
個人的に本作で一番「凄い」と思ったのは、宝町の街並みで。
原作のあの独特な日本であり日本でないような建物群に
煩いくらい派手な着色がされて
更に色々なアジア圏の様式をゴチャゴチャーと追加してあったというのに
その色彩だとか、細かさだとか。綺麗で。でもなぜか懐かしさもあって。

シロやクロはその街の中を走り回るから、一瞬しか映らないのだけど
でもその一瞬に目に飛び込んでくる景色が凄くて。
ああ、もっとじっくり観させてくれー!!って本気でそう思いました。
シロクロ!!もちょっとお前ら大人しくしてろ!!と。

そしたら、そんな思いの人間はどうやら私だけではなかったようで
なんとこんな書籍が発売されるそうなんですよー!!

鉄コン筋クリート ART BOOK シロside 建築現場編 鉄コン筋クリート ART BOOK クロside 基礎工事編
鉄コン筋クリート ART BOOK シロside 建築現場編
鉄コン筋クリート ART BOOK クロside 基礎工事編

ほ、欲しいー!!!!あの宝町を存分に眺める事が出来るなんて!!
しかし合わせて¥6,200・・・。シロだけ・・・いやクロだけに・・・。
ううう、やっぱり両方欲しいよーー!!!!・゜・(ノД`)・゜・ワーン

はーもう一度劇場まで足を運ぼうかな。
普段映画館なんて行かず。レンタルさえせず。TV放送待ちするケチのくせに!!
とりあえず、DVDは買いの方向で検討中です。
むしろ画像の綺麗さを考えてブルーレイで欲しい位ですよ。
BDプレイヤーもハイビジョンモニターも持って無いけどね!!(全然駄目じゃん)


[ amazon詳細 : DVD『鉄コン筋クリート』 ]



☆関連記事
「竹光侍 (1)」 松本大洋 永福一成
「竹光侍 (2)」 松本大洋 永福一成
posted by 麻吉 at 2006/12/25 23:39 | Comment(6) | TrackBack(1) | MOVIE / TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ブログ村・松本大洋トラコミュの管理人hke1120です。
まだ『鉄コン筋クリート』観てないですが、記事を拝見し、かなり楽しみになってきました。
こっちは年明け公開らしいんで、待ち遠しいです。

あと、『かもめ食堂』にTBさせて頂きました。よろしくです。
Posted by hke1120 at 2006年12月26日 00:27
>hke1120様
松本大洋トラコミュの仲間に入れて頂き有難うございました!!
あと『かもめ食堂』のTBも。あの作品も素晴らしかったですよね。
大好きです。
松本氏の作品についてはまだあまり記事にしていないのですが
今後ガンガン書いて行きたいと思っておりますので
その際にはまたTB参加させて頂きたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します!!
Posted by 麻吉@管理人 at 2006年12月26日 23:26
はじめまして。
私も、松本大洋のファンとして見てきました!
(イヴの日のレイトショーに1人でw)
ほんとに期待を裏切らない作品で感動しました。
途中、シロが紙切れみたいに空を飛んだシーンが
おちゃめでよかった(笑)
設定資料なんてあるんですね・・・欲しいw
とりあえず、近いうちにもう1回見に行きます!
早くDVD出て欲しいですね〜。
Posted by すたん at 2006年12月27日 11:30
>すたん様
はじめまして!!
おお、すたん様もお一人で観に行かれたんですね〜!!それもイブにw
シロ可愛かったですよね!!私はお風呂屋さんで象に乗っているシロが印象的でした。
設定資料集は物凄く欲しいのですが、いかんせんお値段が・・・。
でもきっと買ってしまう事でしょう。とほほほほ
Posted by 麻吉@管理人 at 2006年12月28日 04:17
設定資料集。
昨日、本屋に置いてあったので買って来ちゃいました(笑)
クロ編は、ほんとに設定段階の資料でスケッチ画等
映画の根っことなっている資料で構図の意図
とかもちらほらとコメントがあって面白いです。
シロ編は、映画で実際に使われた絵ですね。
こっちは見てるだけで目の保養?w
映画の絵を見たいだけなら、とりあえずシロ編を
お求めください〜。
Posted by すたん at 2006年12月30日 15:56
>すたん様
うわああ『設定資料集』の情報有難うございますー!!
本当にどちらを買おうか悩んでいたので
中身の詳細が分かって、とても嬉しいです!!
私は映画のあの背景の映像をジックリ観たいと思っているので
それですと『シロ編』を入手すれば良いのですね。よし買うぞー!!
素敵な情報、本当に有難うございました〜!!(*^∀^*)
Posted by 麻吉@管理人 at 2006年12月31日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
「鉄コン筋クリート」★★★ 松本大洋 原作、マイケル・アイリス 監督、 二宮和也 、蒼井優 声の出演 丘の上にはイスタンブールにあるような モスクに似た建物、極彩色の街、 アジアや中近東、日..
soramove | 2007-01-06 11:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。