[GAME] 魔界戦記ディスガイア ※感想1

魔界戦記 ディスガイア 通常版

魔界戦記ディスガイア
日本一ソフトウェア (2003/01/30)


評価:★★★★★(満点!!)


こりゃもう本当に途方も無いゲームだ。


マス目状のフィールドでチェスの駒のようにキャラクターを移動させ
攻撃範囲内の敵に攻撃を仕掛ける。
ターン制のいわゆる良くある「シミュレーションRPG」。
イラストのイメージから「キャラゲー」と思わがちですが、それは大きな間違い。
『史上最“凶”やり込みシミュレーションRPG』の名は伊達ではなく。
始めたら最後・・・終わり時を見失い、貴方はずっと遊び続ける事になるでしょう・・・。


入手したのは昨年9月。
それから続編の『』を入手するまでの3ヶ月間。
時間があればある限り、寝る間も惜しみ、ひたすら熱中し続けた本作。
ちなみに総プレイ時間は200時間に迫る勢い。
それでもまだまだ。まだまだまだまだ終わりが見えない。
いや、物語的にはとっくに終わっていて、エンディングも3種類見ているのですが
違うんだー!!全然遊び足りてないんじゃーい!!

と、そんなわけで
そこまでハマりにハマった至高良作な作品。ではあるのですが
しかし、皆様にお薦めかと言うと、そうとも言い切れません(ヒ、ヒドイ)。
特にRPGの良し悪しは「物語」の質であり。
主人公と共に戦い、試練を乗り越え。感動のラストを迎えられたら大満足。
お腹いっぱい。思い残す事無く。はい次のゲームへ。
そんな方には、残念ながらこのゲームは向かないのです。

このゲームの良さ、凄さは「物語」以外の場所にあります。
そう、例えば「育成」「強化」「制覇」「収集」。
そんな「やり込み要素」にこそ燃える!!
そんな貴方には、神。いや悪魔の様なゲームとなる事でしょう。


限度を知らないやり込み要素

さて、やり込み要素のあるゲームなんて、今までだってあったじゃないか。
そう思われた方もきっといらっしゃる事でしょうね。
その通り。どんなRPGにでもそういった要素は必ずあります。
アイテムをコンプリートするとか、登場人物のLvをMAXにするとか。
確かに本作のやり込み要素も似たようなものです。
しかし・・・その限度が半端無いのですよ・・・。

一番分かりやすいところで言いますと「キャラのレベル上げ」があります。
普通のRPGであれば、そうですね最高はLv.99でしょうか。Lv.999でしょうか。
本作でのキャラクターの最高レベルは「 Lv.9999 」です。
戦闘での相互のダメージも最終的には100万オーバー当たり前。
更にお金などは「9999億9999万9999」まで貯められます。って馬鹿ですか!!


あと本作はメインの登場人物とは別に
味方となるキャラクター(弟子)を作成する事が出来るのですが
はじめ4種類しか無かった職業が、ある一定の条件が満たされる事により
増えます増えます。どんどん増えます。

まず、大まかに分類して13種類まで増えます。
中には男女別の物がありますので、それを考えると17種類。
さらに、それぞれの職には上位職が5種類ずつ存在するので
最終的には「 102種類の職業 」が存在する事になるのです!!

で、それは「人型の弟子」のお話。
更に倒した事がある「悪魔」も弟子として作成する事が出来ます。
悪魔の種類は120種類・・・。つまり合計222種類の・・・(遠い目)。


実はライトユーザーにも優しい作り

はあ、どれだけ桁外れか、その一端だけでもお伝え出来ましたでしょうか。
兎にも角にも、やり込んでやり込んで、やり込みまくる事が目的のゲームである!!
と鼻息も荒く説明してみたわけですが
しかし、それはあくまで「数ある遊び方の1つ」に他なりません。

そう、やり込みは「必須」では無いのです。
全種類の職業を出す必要も無ければ、Lv.9999まで上げる必要も無い。
主軸のストーリーのみのクリアを目指すならば、Lv.100もあれば余裕でしょう。
そう、「やり込み部分」は、あくまで「物語とは別の部分」での話。
ですから普通にストーリーを進め、主人公達のドタバタ物語を微笑ましく見守り。
ちょっとウルっとしながらエンディングを迎える。
そういったライトユーザー向けの遊び方でも十分遊ぶ事が出来るのです。


内容の濃さは貴方次第

ちなみに、そのいわゆる「やり込み」の場「アイテム界」でも
遊ぶ人の遊び方によって、簡単にも難しくもなります。

「アイテム界」とは簡単に言うと
各アイテムに存在する、地下100階からなるバトルフィールドの事で。
各階にいる敵を倒し、下階に進めば進んだだけ、そのアイテムのレベルが上がる。
そんなシステムになっている場所。
ちなみに、フィールドには敵だけでなく
ちょっとしたパズル要素のあるアイテム(ジオシンボル)も存在し
それを上手くクリアすると、素敵なボーナスが貰えたりするオマケつき。
あ、補足ですが。敵を倒さなくとも出口に入れば下層へ移動します。

す、な、わ、ち。です。
ただただ、ジオシンボルも敵も完全に無視し、出口に入り下階を目指す。も可。
高経験値、高賞金、高アイテムというボーナスの獲得を視野に
己の頭脳をフル回転させ、ジオパネルの一発完全消滅と敵殲滅を行いつつ
じっくりと下階を目指す。も可なわけです。
本当に貴方の遊び方次第で簡単にも難しくも、軽くも深くもなる。

ですから、キャラクターとか好みなのだけど
そんなやり込んだりしない性質なんだよな・・・と言う方も大・丈・夫!!
気軽に遊んでみて下さい!!
今ならばBEST版でお安く手に入りますし
追加要素ありでリメイク再販されたPSP版も発売されたばかりですしね。
是非是非。本当オススメですよ!!!!


『ディスガイア』一番の魅力

は、なんと言っても「キャラ育成」ー!!なのですが・・・。
あまりにも文章が長くなってしまったので、別にする事にしました。
そんなわけで、さらにマニアックに、さらに熱い。
「感想2」へ続く!!


★ディスガイア公式WEBサイト : DISGAEA.jp

[ amazon詳細 : 『魔界戦記ディスガイア PlayStation 2 the Best』 ]



☆関連記事
[GAME] 魔界戦記ディスガイア ※感想2

[GAME] 魔界戦記ディスガイア2
[GAME] 魔界戦記ディスガイア2 ※キャラ評
posted by 麻吉 at 2007/01/18 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック