[GAME] 魔界戦記ディスガイア ※感想2

魔界戦記 ディスガイア 通常版

魔界戦記ディスガイア
日本一ソフトウェア (2003/01/30)


評価:★★★★★(満点!!)


さて、「感想1」では、感想と言うよりも
システムの凄さの説明で終わってしまった感がありますが
今回は、私がここまでやり込む事になった本当の理由。
『キャラ育成』について、熱く!!そしてマニアックに!!
語ってゆきたいと思います。
勢いで「萌え萌え」「ハァハァ」し始めるかもしれませんが、お許し下さい・・・。


自分好みのキャラを見つけよう!!

ゲームを進める事を目的とした場合
より効率良く、より最強の戦士を育てるのが、まあ普通の遊び方だと思いますが
しかし、いくら能力が高かろうが、特別な技を持っていようが
好みでない外見、好みでない声のキャラを育て続けるのは結構苦痛なものです。
攻撃するたびに「キャハハ〜v」とか「そぉれ〜v」とか言われても・・・ね・・・。
このゲーム、先は長いのです。
深く深くやり込むならば、キャラに愛着をもたないと!!

そこで本作の本領発揮。
前感想に書きましたが、エディット出来るキャラクターは222種類にもなります。
とは言え、下位職と上位職の外見の差は「色」のみですので
実質37種類という事にはなるのですが
可愛い子から、色っぽいお姉さまから、ムキムキから、ショタまで。
まさに多種多様。選り取り見取り。
さあ、好みのキャラクターを集めて、ハーレムを作ろうではありませんか!!
可愛らしい女の子キャラばかりを配下に置いて、ウハウハするも良し。
ムキムキマンばかりに囲まれて、ムハムハするも良し。
ああ、考えただけで、ヤル気が出てきましたね!!


愛さえあれば無能など!!

外見がめちゃくちゃ自分好み!!一目惚れ!!
しかし、いざ使ってみたら、強烈に「使えない職業」だった・・・。
なんて場合もきっとある事でしょう。
しかし、そんな「使えねー!!」というキャラを
外見が可愛い。もしくは声が可愛い。そんな理由だけで、手塩にかけて育てる。
そこにこそ、ディスガイアの真の楽しみがあったりするのです!!(力説)


ちなみに私の場合は「育てる意味無し」と攻略サイト様で言われ
次回作で無かった事にまでされた不遇の職業『僧侶(男)』に
どうしようもなく魅力を感じましたゆえ
「好きなもんは好きなんじゃーーーーい!!」と。
愛情を注いで注いで注いで注いで・・・。

ちなみに、どんな愛情をこの子に注いだかと申しますと。
元来「回復魔法」「補助魔法」しか使えず、物理攻撃の威力も雀の涙。
そんな「攻撃能力完全皆無」な彼の配下に
まず「火」「風」「水」「星」全ての魔法使いを弟子として配置。
この弟子達が基本・メガ・ギガ・オメガ・テラの全魔法を会得するまで育てたら
その攻撃魔法を師匠である僧侶君に伝授習得!!

つまり・・・仲間を助けるしか能力の無かったこの子が
この世界に存在する「攻撃」「補助」「回復」全ての魔法を習得した事になり。
最強無敵の『超“好戦的”僧侶』へと成長を遂げたのです!!!!

棘の衣なんてM的な衣装を着てるくせに超ドSな僧侶!!
ああステキ・・・ステキすぎる・・・・。


外見にコダワルならば

上で少し触れましたが
キャラクターの色合いは、職業により決まっています。
例えば『僧侶』を例に挙げてみると。
僧侶(茶)→魔法医師(紫)→魔法博士(緑)→賢者(灰)→大賢者(青)ときて
最強職の救世主は「赤系」となります。

あくまで個人的な好みの問題ですが
私的には、この子らしい色合いは「茶系」が1番しっくりくるんですよ。
でも「僧侶」。僧侶職で最低ランクの職業。
「救世主」に比べたら、基本能力など本当に低い。雲泥の差。
色を取るか、能力を取るか。ここで妥協せず「見た目」を取ってこそ愛!!
なんて、なぜここまで自分に試練を与えるか私。

と言いますか。我が侭を言えば、どうせなら色の違いではなくて
上位職になるにつれて、はじめ簡素な服だったのが豪華な装いになるみたいな。
そんな見た目的にも「上級!!」になったら素敵だったのになーなんて。
そんな事したら本当に222種類の外見を作らなくちゃいけなくなって
キャラデザ担当様、泡吹いて倒れちゃいますね。はっははは。


ちなみに補足。外見の変化は、職業や配色だけではありません。
キャラクターが装備した武器もグラフィックに反映される事も書いておきましょう。

すなわち、剣は剣でも色々な形があり
それは西洋的なものから、東洋的なものから、中華的なものまで。
それにより「似合う」「似合わない」が発生する事になります。
だってやっぱり「侍」には「日本刀」使って欲しいじゃないですか!!
青龍刀とかじゃ嫌じゃないですか。ライトセーバーなんて論外じゃないですか。

そんなわけで、あえて武器の「強さ」にもこだわらず
「外見」のみを重視して、武器の強化に努めてみるのもまた一興。
なんて。私はさすがにそこまでしませんでしたけどねー・・・。


愛だけでは辛い・・・そんな時には!!

どんなゲームでもキャラクターのレベルが上がれば上がるほど
次のレベルまでの必要経験値が半端なく上昇して
そう簡単にはレベルアップ出来なくなってしまうものですよね。
そうなるといくら可愛い我が子でも
レベル上げは苦痛以外の何物でも無くなってしまうでしょう。

しかし!!このゲームの凄いところは、そんなレベルUPの快感を
どんなに物語の後半になってもガンガン体感出来るところにあるのです!!

それが「転生」システム!!

例えば「僧侶」はLv.5、Lv.12、Lv.25、Lv.50、Lv.100と成長する毎に
上記にも挙げた上位職が新しい職業として出現するのですが
「出現」するだけで、そのキャラが自動的に「昇進」されるわけではありません。
「救世主」が出現しても、「僧侶」は「僧侶」のまま。
上位職にしたければ『転生』させなければならないのです。

さてこの「転生」。ただの「ジョブチェンジ」だと思ったら、それは大きな間違い。
「転生」つまり「一度死んで、新たに生まれ変わる」のです。
元の僧侶くんのレベルが100だろうと200だろうと1000だろうと9999だろうと
転生したら「Lv.1」からやり直し!!なんですよー!!ふふふ


育てる事は苦痛どころか快感

え?そんな今までの苦労が水の泡じゃないかって?
いやいや書きましたよね「レベルUPの快感を物語の後半になっても体感出来る」と。
そう、ある程度のレベルになってからの転職は
それはもう笑いが止まらなくなるほどの快感を体験する事になるのです!!

まず例えばLv100まで育てて転職したとしましょうか。
そのレベルに達しているならば、身に着けている防具や武器も
初期に比べたら、かなりレベルアップしているはずです。
当初Atk+5ほどしかないショッボイ武器が、今ならAtk+400、500当たり前。
それをそのまま着用する事が出来る。という事は・・・

基本能力がLv1まで下がっていても、それらの武器防具で能力は底上げされ
普通Lv1では倒せない敵も、一撃で倒す事が可能に!!
では、試しに目の前に現れた中級レベルの敵を倒してみましょうか。
ズババー!!はい勝利。はいレベルアップ!!一匹倒しただけでLv.14へ。
いやもう笑いが止まらんですよ実際。
上がるわ上がるわ、あっという間に元のレベルに到達。やみつきです。


ちなみに補足ですが
「転生」をすると、初期能力値は前世の何%分か上乗せされて生まれ直すので
転生を繰り返せば繰り返すほど、基本能力が高くなり。
また、転生前に会得した魔法や武器技も引き継ぐ事が出来ます。

ですから一度「僧侶」になって回復魔法を取得してから「剣士」に転生すれば
治癒能力のある剣士が生まれるなど
多様能力を秘めた自分なりのキャラクターに育てる事が出来るのです!!
育て方はまさに貴方次第。

さあ、貴方ならどんな子を育てますか?


★ディスガイア公式WEBサイト : DISGAEA.jp

[ amazon詳細 : 『魔界戦記ディスガイア PlayStation 2 the Best』 ]



☆関連記事
[GAME] 魔界戦記ディスガイア ※感想1

[GAME] 魔界戦記ディスガイア2
[GAME] 魔界戦記ディスガイア2 ※キャラ評
posted by 麻吉 at 2007/01/21 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック