「しまいもん 全2巻」 イカリン

しまいもん (1)   フィールコミックス

しまいもん 全2巻
IKARING(イカリン) / 祥伝社(2005/8/8)


評価:★★★☆☆


思い当たる節がある。どちらにとはあえて言わないが・・・。


やよいとユーコとは仲良し美人姉妹。

姉の「やよいちゃん」はキャリアウーマン(秘書)。
スラリと長身スタイル抜群。鞄は自分へのご褒美に買ったバーキン。
どこから見ても非の打ち所の無いイイ女。
しかし彼氏いない歴が着々と更新される日々・・・。
本人曰く「彼氏が“出来ない”んじゃなくて“つくらない”だけ!!」
今日も顔良し、高身長、大金持ちの男性を待ち続ける。

対して妹の「ユーコ」はフリーター(ほぼ無職)。
そのぽってりした唇やぽっちゃり体型は男好きされ
さらに、相手の容姿や資産や学歴などまったく気にしない。
それこそハゲ・デブ・チビ・オヤジのアルバイト先の店長でも
自分を好いてくれて、大切にしてくれて、身体の相性が良ければ無問題!!
ゆえに恋多き人生を歩んではいるが
駄目人間好きが災いして長続きしない・・・。

そんな真反対に「男運の無い」姉妹の恋模様を描いたドタバタコメディー。


えー、恋愛ネタのコメディー漫画ではありますが
決して「ラブコメ」などという可愛いものではありません。
『しまいもん』は超・絶・ギャグマンガ!!!!
この可愛い絵にしてこの内容。このギャップがたまらん面白さなのです!!

そして本作の素晴らしいところは、そのギャグっぷりだけではなく
この姉妹の行動が、めちゃくちゃ極端に描かれてはいるのだけれど 
女ならどこかしら共感出来る部分があると言うか
身に詰まされると言うか・・・。
私もなんだか痛いトコ突かれてアイターとなりました。
ああ、そうだよね。それって馬鹿な事だよね。とほほほ。


女の「真」の生態を描いたギャグ漫画と言えば
最近では『臨死!! 江古田ちゃん』がすぐに思い浮かびますが
あちらが青年漫画界の横綱としたら、こちらはレディコミ界筆頭の対抗馬。
いや別に戦わなくても良いのですが。
むしろこの2作品の作者様が会ってお話したら
意気投合してしまうのではないかと勝手に思っております。
対談なんかしたら、相当面白いだろうなー。

あ、あと。いわゆる外見の良くない男性が多数登場するのですが
これもまた凄い描かれ様なのに、こういう人いるよね・・・って感じで。
それが『稲中』に登場した不細工女子の面々を彷彿とさせて。
ですから、本作は『フィールヤング』に掲載されていた作品ではありますが
『江古田ちゃん』や『稲中』好きな男性の方や
10代の若い子でも絶対楽しめると思います!!


ちなみに、これだけ楽しんでおいて評価が満点で無い要因は
フリルちゃんが登場したあたりから
ギャグの濃度ばかりが濃くなってしまったから・・・。
やはり上にも書きましたけども
共感できる部分があるからこその面白さだったと思うのですよね。
なので「流石にそれは無いだろう」という展開が多くなってしまったのが
非常に残念でした。

あと最後もね。
そんな突然変にまとめなくて、駄目な二人のままで良かったのに。
って、それって単なるヒガミか!!
うおお、否定出来ないー!!!!とほほほほ。


[ amazon詳細 : 『しまいもん (1)』 / 『しまいもん (2)』 ]
posted by 麻吉 at 2007/01/28 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。