[GAME] 魔界戦記ディスガイア2

魔界戦記ディスガイア2(通常版)

魔界戦記ディスガイア2
日本一ソフトウェア (2006/02/23)


評価:★★★★☆


200時間を超えても遊び足りない!!まだまだまだまだ!!
そんな鬼のようにやり込んだ前作と比べてしまうと
なぜか、どうしてか、やり込み度に欠ける。
エディットキャラなどは今作の方が多用で魅力的に感じられたというのに
血眼になって育てた前作のあの子達の様には育てられなかった。

続編であるゆえの新鮮さの低下か。
新鮮さを出す為に投入された新システムへの違和感か。
前作に心酔した者の強過ぎる期待ゆえか。うーむ・・・。


しかし、しかーし!!それらの感想はあくまで前作と比べてのもの。
純粋に本作のみの評価をした場合
やはり『ディスガイア』シリーズは面白くって!!
今回も私から、ことごとく時間を奪っていきやがりました!!くっそー!!

そんなわけで、作品としての評価は良!!
しかし、システムの素晴らしさ、やり込みの中毒さは
前作の感想でほぼ語り尽くしましたので
今回はあえて前作と比べ、どのあたりが良くないと感じたか。
本シリーズを愛ゆえの、辛口コメントを書き記してみようと思います。
次回作で改善されると良いなーという願いを込めて・・・。


ではさっそく、どの辺りが前作よりヨロシク無かったか。

まず「主人公が悪魔じゃない」!!!!
え?そんな事?って今思いました?
いやいやいや。それはこのシリーズにおいて非常に重要な事です。

例えば議会で望みの提案が可決されなかった時。
反対した悪魔議員を片っ端からぶっ倒して無理矢理可決に持ち込む。
そんな「だってここ魔界だもん!!」的なやりたい放題システム。
それが他の作品には無い、本シリーズの魅力の1つだと私は思うわけですね。
今回などは新しく『前科』システムまで導入されて
前科が増えれば増えるほど褒められるという、更に「悪万歳!!」な方向に。

だと言うのに、今回の主人公は正義感に満ち満ちた「人間」なのです。
悪魔に変えられた家族を元に戻す為、諸悪の根源「魔王ゼノン」を倒す!!
でもやってる事は前作主人公「魔王ラハール」と同じ悪三昧。
アンタ正義正義言っといて、それってどーなのよ!!って話ですよ。

いやまあ、私がただ単に正義感あふれる「レッド」的存在があまり好みでない。
という事もあるのですけど(そんな理由か!!)。でも、でもさ!!
悪をやっつける勇者の物語なんて、掃いて捨てるほどあるじゃない!!
そんなアリキタリな物語はもう十分なの。
ディスガイアにしか出来ない。そんな事をやって欲しかったの!!
悪魔主人公カムバーーーーック!!!!


あと、それに少し関連した事で
前作はただひたすらに、オバカでハチャメチャなギャグメインのお話で。
そんな中に時々しんみりさせるお話が導入されて。
その格差のメリハリが良く、とても楽しく話を進められたのですけども。
今回は主人公が真面目なものだから、地味にずっとシリアスな感じで。
でも完全にシリアスというわけでもなく・・・。なんとも中途半端で!!
うーむ。でもこれも個人の好みの問題かな・・・。


さてお次は、本シリーズ一番のやり込みの場!!
「アイテム界」で前回と違いヨロシクナイと感じた事。

・ 勝手に動き回るジオシンボルが途方も無く邪魔。
・ イノセントタウンは良いが小部屋の存在意義は微妙。
・ 極端に小さなマップが多く、ボーナス大量獲得を狙えない。
・ マップの見た目が悪く、更に見辛い。

そう、前回はアイテム界内のフロアは
「お城と庭」といった風情の、見た目的にも綺麗で楽しいものもあったのに
今回はただ起伏があるだけで、その起伏も極端な高低差で。
それは機動力の乏しいキャラへの試練的な意味もあったのでしょうけども
しかし、いくら視点を変えても見えない位深い溝があるのはどうなのか・・・。
あとやっぱり、それでなくても単調な作業になりやすい場所なのだから
見た目でも楽しませて欲しかった。
イノセントタウンも「タウン」言うくらいなのだから
タウンぽい景色にして欲しかったなーなんて。
そこまでいくと只の我が侭ですね。


あと我が侭ついでに言ってしまうと。
ホルルト村にいるお店の店員さん達が
ただ家の前に並んで立ってるだけなのも寂しいと思いました。
前作の店員さんはカウンターの中にいたからちゃんと店員さんらしかったし
病院や渡し人の人達も、それらしい背景の前に立っていたのに
今回は道端に突っ立ってるだけなんだもの・・・。

あと、ステータス画面が前作に比べて見辛くなっていた気がしました。
え?注文細か過ぎ??


さて、ここまで不満ばかりならべてしまいましたけども
悪いばかりでなくて改良点も色々あるんですよ!!

まずアイテム界では
「絶対どう頑張ったって行けない、攻撃できない場所が無くなった事」!!
前作はこれで本当に悔しい思いをしましたから・・・。
今回はほぼ確実に敵の殲滅が可能。素晴らしい!!
あと「界賊」の存在も、なかなかドキドキで私は好きでした。

他では、お店での買い物ランクの上限が上がった事。
前回はあっという間にMAXになってしまって、少々物足りなかったから。

あと、アイテム育成に必要な「イノセント」も
「Exp増加屋」が廃止されてしまったのは残念でしたが
今回から登場した同じアイテムを使い続けると現われる
「○○○大好き屋」の存在は、非常に素敵だと思いました。
武器買い換えようか・・・でももう少しで好き屋が現われるかもしれないし・・・。
なんて。そんな駆け引きがなかなか面白く。
アイテムがキャラを好きになってくれるって考えが、また素敵ですよね。


ちなみに今回導入された、一番重要なシステム「前科」に関しては。
始めの頃は「頑張って裁判所行って前科増やすぞー!!」という
アイテム界へ潜る意欲を増す起爆剤になっていましたし
初期の段階にしては高額な報酬を貰えたりするのも助かり
素敵なシステムだわ!!と思ったものでしたが。
ある程度皆の前科が上がった頃になって初めて
複数人が一斉に前科者になれる方法に気付きまして・・・。
うわーん!!今までの苦労を返せー!!!って。うっうっう。
でも基本的にはこのシステムは好き。です。悪万歳!!


さて最後に。
このゲームでのメインもメイン。キャラメイク(弟子)!!についてですが。
前作の感想同様、別枠で熱く!!鬱陶しいほど熱く!!
語らせて頂こうと思います・・・。

では「キャラ評」へ続く!!


★ディスガイア公式WEBサイト : DISGAEA.jp

[ amazon詳細 : 『魔界戦記ディスガイア2 PlayStation 2 the Best』 ]



☆関連記事
[GAME] 魔界戦記ディスガイア2 ※キャラ評

[GAME] 魔界戦記ディスガイア ※感想1
[GAME] 魔界戦記ディスガイア ※感想2
posted by 麻吉 at 2007/02/16 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック