「初めてのお料理 基本とコツ」 伊藤玲子

初めてのお料理 基本とコツ

初めてのお料理 基本とコツ
伊藤 玲子 / 西東社 (2001/10)


評価:★★★★☆


買って良かった新生活助かり書籍、第一弾。


実家にいる時にお手伝いを何もしていませんでした。しかし!!
折角親元を離れて自活するのだから、自分で料理でもしてみようか。
そんな貴方を応援致します。


では皆様、まずはどうしましょうか。
レパートリーなど皆無なわけですから、一冊くらい料理本を買っておきますか。
本屋さんへ行くと分かりますが、改めて料理本コーナーを見てみると
その数は膨大。和風、洋風、中華風。はたまた100円で出来るレシピ集。
まああまり悩まず、好みの料理が載っていそうな物を買いましょう。
さて、では早速その本を片手に、料理開始!!!!

・・・料理、完成しましたか?

「料理本を見ながら作れば、誰にだって作れる」。
そんな考えは、少しでも料理の知識のある方
もしくは料理を甘く見ている超初心者の考えなのです!!


料理本とは親切そうに見えて、実は物凄く不親切なモノ。
確かに作り方は載っています。
しかしそれは「基礎を知っている」事を前提とした内容。

例えば「豆腐」を使った料理などしてみましょうか。
レシピにはいきなりこんな事が書かれています。

「豆腐を水切りしておきます」

簡単に言ってくれますけど、私はここで詰まりましたよ。
まあなんとなくは分かります。水分を抜くんですよね。
でもいったいどうやって・・・?
そういった「説明されない基本」が本当に沢山登場するのです。


鶏肉はスジをとり除き・・・
血抜きしておいたレバーを・・・
ゴボウはササガキで・・・
油揚げはさっと油抜きし・・・

小口切り、拍子木切り、さいの目切り、くし形切り、そぎ切り。
カボチャの、ピーマンの、えびの、イカの、アサリの下処理。
大根の千切りの方法。ゴボウの皮の処理方法。

そんな野菜の処理の仕方、お肉や魚の保存方法。
そういった今更人に聞けないような基礎の基礎を
写真付きで親切に解説してくれているのが
この本『初めてのお料理 基本とコツ』なのです!!


あくまで「基本」を押さえる事が目的の本ですので
本の半分はそういった説明に当てられ
レシピのページは他の本に比べたらとても少ないです。

しかし、炒めものから焼き魚。餃子。肉じゃが。ブリの照り焼き。
炊き込みご飯。味噌汁。豚汁。おすまし。シチューと
これさえ出来ていれば、正直お嫁に行っても恥ずかしくない。
そんな基本ばかりが57品目!!これは押さえておきたい女として!!


少し古い本ですが、そういった基本は変わらないもの。
料理本を買う前に、はたまた合わせてこの1冊。
「え?」と思った時のお助け本として是非お台所に置いてみて下さい。
本当に助かります。自炊歴もやっと数年になった私のイチオシ。
お薦めです!!


[ amazon詳細 : 『初めてのお料理 基本とコツ』 ]
posted by 麻吉 at 2007/04/02 22:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそうそう。まさしく前提の料理本ですわ
ある程度のレベルに到達していないと
わからないことだらけ。

豆腐の水切りもうろおぼえだけど
ふきんに包む?重しをしてどれくらい?
実践してみないとわからないことだらけw

料理本によく出てくる「ふきんに・・・」
ってやつですが、きれいなふきんって
みなさん常備されてるのでしょうかね?
そんなものどこで売ってるのでしょう謎;

なすびのあくぬきは切って水につける?
塩水につける?うーーん謎;

母親にメールして聞いてみたら
「どっちでもいい」でしたw

今更聞けないというより、聞いても
答えが返ってこないという感じです(汗)
Posted by まみすけ♪ at 2007年04月05日 03:30
U >まみすけ♪さま
U そうそう!!今更母親に聞いても呆れられるだけなので(泣)
U この本の存在は非常に助かりました。手放せません。
U 
U あ、ふきん!!(笑)私も綺麗なふきんなんて持って無いんですよ!!
U それに、買ってきておろしたての綺麗なものを一度豆腐に使ったとして
U それ衣類と一緒に洗濯してまた食べ物に使って良いものか・・・って感じですし。
U だからと言って使うたび漂白剤で殺菌なんて、そんな面倒臭い!!
U 料理の世界はモノグサには大変です。でも覚えてしまえば面白いですけどね♪
Posted by 麻吉@管理人 at 2007年04月08日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。