「探偵儀式 (4)」 箸井地図/大塚英志/清涼院流水

探偵儀式 VOL.4 (4) (角川コミックス・エース 109-4)

探偵儀式 VOL.4
清涼院 流水 大塚 英志 箸井 地図 / 角川書店 (2007/05/26)


評価:★★★★☆


キタキタキタキタキタァァァーーーーーーー!!!!!!!


キタ。キましたよ。くるか、いつくるかと身構えていながらも
しかし心のどこかで結局それほど踏み込んだ関連性は無いだろうなーなんて
諦め気分でもあった『多重人格探偵サイコ』と『探偵儀式』の関係性。
こんな凄い勢いで踏み込んでこようとは!!うおおおお!!


えーゴホン。すみません。あまりの衝撃的な展開に興奮が止まらなくなりました。
でも『サイコ』お読みの方ならば皆同じ気持ちになったに違いない。
だって、だって。磨知が登場するなんてさー!!

『サイコ』を読んだ事の無い『探偵儀式』読者の皆様には「?」な事でしょう。
今回登場しました総理大臣。そうですあれです。凄く意味深に登場したあの女性。
作品中では「総理」とか「首相」と呼ばれるだけで名前までは明かされませんでしたが
しかしあの「ショートヘア」「煙草」、そして極め付けの「薬指と小指が欠損した左手」!!
これは『サイコ』読者ならば誰もが知る記号。「伊園磨知」と言う女性の特徴なのです!!
あ、正式には伊園若女か。でもまあいいよね磨知で。

正直「御恵てう(ナオミ・アーヴィング)」や「天馬」が
ストーリーとはあまり関係無い程度にこっそり登場するんじゃないかなーとか
出てきたらちょっと嬉しいなーなんて思ってはいたのですけどね
よもや予想外の大物人物の登場。それも凄い重要な役回りだし。


しかしながら、関連探しをずっとして
今回の事でめちゃくちゃ興奮した私がこんな事言うのも何ですが
ちょっとやりすぎかなーという感じもしなくは無いです。
だって、これってつまり『探偵儀式』の内容に係わっていた事件、団体などなどは
「ガクソ(学窓会)」の実験の一端だったって事になっちゃいますよね?
いやまあこの時代に「ガクソ」が存在し続けているかは謎ですが
研究機関としてガクソが手掛けていた
「集団自殺」や「無差別大量殺人」を安易に発生させるためのシステムに
今回のあの事件はどう考えても関係していて。
そう考えたら、サイコとは少しの関連性どころか
完全なる続編になってしまうではないですか!!
えええー!!それってどうなの?

となると、もう1つの『笹山サーガ』である『黒鷺死体宅配便』はどうなのかしら。
この流れで言ったら、こちらもガクソが関連してきそうだけれども
でもあの作品は大掛かりな大量殺人者が出てきたりとかそういうのではなくて
都市伝説的な話がメインだから大丈夫かな・・・。
いやでもどうよ。特殊能力持ってる登場人物の目にバーコードが!!とかなったら!!
苦笑。いや笑えんわ。

とりあえず、磨知が登場した事で『サイコ』の方にまだ描かれていない
今後の展開の深読みも出来ちゃうわけで。
『サイコ』と『探偵儀式』の世界がパラレルワールド的位置関係だったらあれですが
純粋に『サイコ』が『探偵儀式』の過去の話だったとしたら
これは物凄い意味を持った登場になりますよね。
というか総理大臣て!!なにそんなに昇進しちゃってんですか磨知!!
まあとりあえず、磨知は生き残るんだな・・・ってね。そうか。ふーむ。

あああと、微妙に余談ですが。
音夢を車で迎えに来た人物。清水老人なんじゃないのー!?と
一人で興奮してしまいました。
だって清水くんは『木島日記』での青年将校時代から好きなんだもの!!
でもあれは探偵開祖だったんだ・・・よ・・・ね?違う?


めまぐるしいほどの新しい展開はありつつも
しかし最大の謎についての進展はあまり無かった感じの今巻。
図流子や魔尼夜の気持ちは、もちろん分からなくはないのだけれど
天晴が可哀想で切なかった・・・。だから笹山が一緒に来てくれて凄く嬉しかった。
笹山いいヤツだよう!!素敵だよう!!

とりあえず早く続きが読みたいですよ!!
他関連シリーズより発売速度は早目ですが・・・やっぱりゆっくりなので・・・
というか『サイコ12巻』を早く!!早く鬼頭日明のその後を早くー!!!!
『八雲百夜』も早くー!!お願いしますよ大塚先生。本当に。


最後の最後に。
なんとなく本巻を読んで思った事をぽつりと呟いて終了したいと思います。
「巡査のマナベくん。なんか怪しいよねー?」


[ amazon詳細 : 『探偵儀式 VOL.4』 ]



☆関連記事
「探偵儀式 (3)」 箸井地図/大塚英志/清涼院流水
「探偵儀式 (5)」 箸井地図/大塚英志/清涼院流水

「多重人格探偵サイコ」関連本まとめ
posted by 麻吉 at 2007/06/01 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。