「amato amaro」 basso

amato amaro (EDGE COMIX)

amato amaro
basso / 茜新社 (2007/06/29)


評価:★★★★★(満点!!)


※BL(ボーイズラブ)作品です。ご注意下さい※


前作『クマとインテリ』から2年。待ちに待ったのbasso先生新作であります!!
前作同様短編集の形態ではありますが、タイトルは違えども
『クマとインテリ 2』と言っても過言ではない。
と言うか過言どころか完全に続編に位置付けられた内容だわ!!と
グッと小さくガッツポーズを作ったのは、たぶん私だけでは無いはず。

繋がりとしては、前作の表題作「クマとインテリ」の政治家ファウストの弟
メディア王ジーノにからんだ物語が3編+ファウストの秘書が主役の番外編が1編。
そして前作「ジェラートにまつわる三つの短編」に登場するジェラート店の息子や
常連客3人の話が収録されたお話が1編。
あとは完全な読み切り短編が4作。の合計9作品。

そんなわけですので
本作をお読みになって『クマとインテリ』をまだお読みでない方は
絶対に絶対に、前作もお読みになって下さい!!
知ってる人だけがニヤリと出来る要素盛り沢山ですから!!是非っ!!


ちなみに個人的には、前作で大好きだったファウストとブルーノの二人が
チョイ役ではありましたが、仲良くしている姿が再び見られたのと。
ジェラート屋の息子が、ちゃんと幸せになれていた事が分かって凄く嬉しかったです。

特にファウストは、あの飄々としてるのにめちゃくちゃお茶目なとことか
いい年で凄い地位の人間なくせに妙に子供っぽいとことか。本当に大好きで。
ですから前作の感想で「後日談とか無いのかな」なんて未練がましく書いた事が
よもや現実になるとは思ってもいなくて。
その上、本作あとがきに「また同じキャラたちをくり返し出していくかと思いますが」
なんてお言葉が!!嬉しすぎてぶっ倒れるかと思いましたよ!!
主要人物でなかったとしても、彼とブルーノの姿をまた見る事が出来るかもと
思っただけで本当凄く嬉しい。
いやもちろんこの二人がメインのお話だったらもっと嬉しいですが!!
と言うか、そんな事になったら感激過ぎて涙出ちゃうかもしれないわ(大袈裟?)。


ファウスト関連以外のお話では
表紙を飾っております今回のインテリ担当ヴィットーリオ君が
こんな可愛い顔して42歳と言う設定の素晴らしさに拍手喝采とか。
元カラビニエーリ(国家憲兵)の無愛想なおっちゃんの可愛さに悶絶とか。
双子の兄弟の話の辛さとか切なさとか色んな気持ちに胸が痛くなったりとか。
日本に恋人を取られた青年の可愛らしさに胸キュンとか。
テレビを共有した二人の静かながら素敵な空気に心が和んだりとか。
マルチェッロ!!なんてナイスガイなんだ!!私とこそ結婚してくれー!!とか。

あと、ちょっとネタバレになってしまいますが。
ヴィットーリオは是非ともジーノとくっついて欲しかったなーって。
それじゃあアルマンドが可哀想ですけども。
でもジーノのキャラも好きなので、彼にも幸せになってもらいたいと。ね。
今後の作品で何か彼に幸せが訪れたら良いなと、祈るような気持ちです。
あ、いやでも彼は純粋に奥さんLOVEな人でも良いかな。あ、それも良いな。


さてさて、basso名義のご本はまた2年後とかになってしまうのかな。
待ちますよ、待ちますよ!!正座してお待ち致しております!!
あ、でもその前にきっと、オノナツメ名義でのご本。
紳士漫画の代表作『リストランテ・パラディーゾ』の続編がコミック化されますよね!!
ああメチャクチャ楽しみだわー!!ジジラーブ!!


[ amazon詳細 : 『amato amaro』 ]



☆関連記事
「クマとインテリ」 basso

「リストランテ・パラディーゾ」 オノ・ナツメ
「GENTE〜リストランテの人々〜 (1)」 オノ・ナツメ

「初老・中年・オヤジ系BL作品」まとめ
posted by 麻吉 at 2007/07/07 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47054712

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。