[MOVIE] キル・ビル Vol.1

キル・ビル Vol.1 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾)

キル・ビル Vol.1
ユニバーサル・ピクチャーズ (2004/04/16)


評価:★★★★★(満点!!)+★(馬鹿万歳!!)


「キル・ビル」って「ビル」って人物を「キル(殺す)」って意味だったのかー!!


近日公開の『デス・プルーフ in グラインドハウス』の宣伝のためですかね
深夜にTV放送しておりました『キル・ビル Vol.1』。
世の流行の5万光年くらい遅れて、今更初めて視聴致しました。

も、サイッコーに面白かったぁーーー!!!!

なんと言う明快かつ痛快なエンターテインメント作品!!
監督が「面白い」とか「カッコイイ」と感じた物をギュムギュム詰め込んで。
自分がやりたい事を、やりたいようにやったのでしょうな。
もう正直悪ふざけもいいとこの内容なわけですよ
馬鹿なほどに大噴出する血飛沫、サクサク切り離されていく頭、手、足。
どこまでも過剰で、どこまでも大袈裟な演出。
それがもーおっかしくて、おかしくて!!

いやまーもちろん、人の生き死にで笑うなんて
どーなのという気持ちもしなくはないのですよ正直なところ
でもごめん。笑っちゃった。楽しんじゃった。
これはもー一種のドリフだよね。


あと、自分が日本人だからこそ楽しめた部分も十二分にあったと思います。
だってあのヘンテコな日本っぷり!!
日本刀持って飛行機搭乗!!
後ろ歩いてる一般人まで日本刀所持!!
服部半蔵!!覆面ヤクザ!!
外国人向けの日本語教本を見ているような、そんなオカシさ。
なんかズレてる。分からなくもないけど、でもそりゃ違うわ(笑)ていう
そういうツボ。日本人だから分かるツボ。

だから、これがもし非の打ち所の無い完璧な日本が舞台で
オーレン・イシイ役も日本の女優さんが演じていたら
正直、ここまで楽しむ事は出来なかったと思うのですよね。
このヘンテコな“仮想”日本国で
ルーシー・リューのカタコトの「ヤッチマイナァ!!」だったからこそ
たまらなく面白くて!!笑って!!絶対にそうだと思う。

まあそんなわけですから
そういう馬鹿さ加減や非常識さを良しと出来ない真面目な方には
面白いどころか怒りすら覚えたかもしれませんね・・・。
それはしょうがない。感性の違いですもの。
ああ、自分バカで良かった!!バカ万歳!!


それと、笑いどころとは別の部分では
血にまみれた純白ドレスとか、ブレザー姿の殺し屋女子高生とか。
そのあたりの監督のこだわり?趣味?フェチ?さ具合にグッときました。
特に「GOGO夕張」!!夕張ちゃん可愛すぎ!!夕張ちゃん最高!!

もともと自分が栗山千明さん好きだからというのもありますけど
美しい黒髪の日本美人で制服女子高生。なのに殺し屋で武器が“鎖鉄球”て。
流石日本のアニメに精通しておられる監督殿!!
“萌え”と言うものを良く分かっていらっしゃるーっ!!


そうそう、登場人物と言えば。
1度見ただけでは全然気付かなかったのですが
北村一輝氏と、高橋一生くんと、真瀬樹里さんが出演していたのですね!!
うおお板垣だけでなく駒井や葉月まで!!(BY大河「風林火山」
しかし録画したのを見直して確認してみたのですけど
絶対これ!!と断言出来るほどハッキリとは確認出来なかった・・・。

北村さんはヤクザの親分会合での、画面向かって左奥の人物と
あとオーレン・イシイの「ヤッチマイナァ!!」の後に躍り出た最初の三人の
真ん中の茶髪さん・・・がそうかな。
真瀬さんはクレイジー88唯一の女性構成員だったし
バトルシーンもなかなかに長かったので分かりやすかったですが
高橋くんは・・・たぶん真瀬さんと交差しながら階段下りてきた人物がそうかな・・・と。
青葉屋でのオーレン一味登場シーンで(あのシーン大好き!!)
夕張ちゃんの後ろで風船ガム膨らませてる人ね。
あーでも違うかも。仮面つけてるし、一瞬しか映らないからから難しいよ!!
もークレイジー88構成員で100%分かるのは田中要次さんだけだわ。
というか仮面していても判別出来る存在感って、田中さん凄いわ・・・。


さて、他にもあのシーンのBGMが格好良い!!とか
あのバトルシーンは凄かった!!とか書き出したらキリが無いので省略しますが
とにかく楽しめた事だけはお伝え出来たでしょうか。
と、なったらやはり続編である「2」も見なくてはなのですが
なんと、嬉しい事に、1に続いて2もTV放送するそうですよ!!(日テレありがとうー!!)
1ほどおバカでは無いとの噂は耳にしてますし、舞台も日本ではないですしね
まああまり過度な期待はせずに、楽しみたいと思います〜!!


[ amazon詳細 : 『キル・ビル Vol.1』 ]



☆関連記事
[MOVIE] キル・ビル Vol.2
posted by 麻吉 at 2007/08/30 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE / TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53296852

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。