「おやすみプンプン (1)」 浅野いにお

おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

おやすみプンプン (1)
浅野 いにお / 小学館 (2007/08/03)


評価:★★★★★(満点!!)


プンプンがもし、またあたしを裏切ったら・・・今度は殺すから。


プンプンは小学5年生の男の子。
好きだったクラスのアイドル・ミヨちゃんが転校してしまい
これからつまらない日々がやってくると肩を落としたのもつかの間
入れ違いで転入してきた女の子、愛子ちゃんに一目で恋をしてしまいました。

愛子ちゃんとの未来を夢見たり。
友達と捨てられてガビガビになったエロ本を囲んでドキドキしたり。
ガミガミと口うるさいお母さんをちょっと嫌ったり。
そんなプンプンと、愛子ちゃんと、そして悪友たちとの青春日記。


なんて書くと
「浅野氏の新作は児童書なのか!?」とか思われてしまいそうですが
いえいえ、ご安心下さい。いつも通りです。
この可愛らしい表紙からは想像もつかないほど
目を背けたくなるような“リアル”がこの中には詰まっている。

いじめられっ子に馬乗りになって、砂利を口に押し込む少女。
仕事が立ち行かなくなり飲んだくれている父親に、殺意を抱く少年。
親が宗教団体の信者であるがために、悲しい目にあってきた少女。
愛ゆえに家族を皆殺しにしたと告白する男・・・。

でも、暗く痛いばかりの物語ではないんです。むしろ牧歌的でさえある。
それはたぶんきっと“プンプン”という存在のおかげで。


あーと。えー、ちなみに。
表紙にうっすらと、単純な線で描かれた鳥みたいのが見えると思うのですが

それが「プンプン」です。

へ?いや彼はちょっと普通の子よりも照れ屋なところがあるだけで
正真正銘。れっきとした。普通の小学5年生の男の子ですよ?

他の登場人物は普通の人間の姿なのに、彼と彼の家族だけがこの姿ですけど。
恥ずかしいと教頭先生の股の下に隠れちゃったりしますけど。
でもプンプンはこの物語の中では別に特別な存在ではなくて。
むしろ大人しくて、目立たない、地味な部類の子で。

だからその姿に見えているのは読者である私達だけなのかもしれないし
単純にこういう生き物が当たり前の世界なのかもしれないし
それとも何かの隠喩なのかもしれないのだけれど
でもそれは本作では重要な事ではないのです。たぶん。きっと。今のところ。


じゃあいったい何なんだと!!
そもそもこの作品はギャグ漫画なのか?シリアス漫画なのか?

というのはですね・・・非常に判断の難しいところでして・・・
ギャグのようで・・・ギャグでなく・・・
シリアスのようで・・・シルアスでなく・・・
単純なようで、実はもっとこう深い何かがあるようで・・・無いようで・・・

いやだって!!聞いて下さいよ!!
プンプンの外見の事はこの際置いとくとして
本作に登場する子供達は、ごくごく普通の子達であるのに
なぜか大人達はことごとく、どこか過剰でキチガイじみてるんですよ!!

あの何て言ったら良いかな。
初期のギャグ色が強かった頃に古谷実氏がよく描いていた
表情が妙にリアルなブ男やブ女がいたじゃないですか。
そんな容姿の人物が唐突に「キシャー」とか奇声を発したりするんですよ!!
普通に!!日常的に!!前触れも無く!!

それらを“ギャグ”とするならば、これはギャグ漫画ですよ。
でもなんか怖いんだもの!!何かありそうで!!笑えないんだよ!!

なもんですから、この作品を読んでいると
笑っていいのか、切なくなればいいのか、ゾッとしたらいいのか。
それら全ての気持ちが全部まぜこぜになって襲ってきて
一言でなんて上手く表現出来ないんだよーー!!!!
うう、本当ゴメンナサイ。こんな説明しか出来なくて。


うんでもとりあえず、これだけはハッキリと言えます。
本当に、確実に、間違いなく、この作品は“面白い”です。
あとあと、プンプンがすんごく、すんごく、すんごーく可愛いから。
その可愛さを見るだけでも本作を読む価値はあるから。
傘立てに隠れるプンプンとか、プンプンの体からぶら下げたカバンとか見て
是非癒されて下さい。

あ、あと個人的に。プンプンの友達の1人
ハルミンこと晴見君が好みで好きです。ふふふ。ってそれ犯罪!!


浅野氏の作品は全て読んだわけではないので、迂闊な事は言えませんが。
でも私が読んだ中で、私はこの作品が一番好き。です。
本当、上手く説明出来なかったし、このシュールさは人を選ぶかもしれないけれど
でもこの表紙に騙されず(笑)色んな人に読んで貰いたいと思ったのでした。

お勧めです!!!!


[ amazon詳細 : 『おやすみプンプン (1)』 ]



☆関連記事
「素晴らしい世界 全2巻」 浅野いにお
posted by 麻吉 at 2007/11/09 03:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このコメントを見て、すんごーく読みたくなりました♡
私が大好きな千葉雄大くんもおすすめしてるので
読んでみようと思います!
Posted by かえたん at 2012年04月21日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65394953

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。