「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り
伊坂 幸太郎 / 新潮社 (2000/12、文庫2003/11)


評価:★★★★★(満点!!)


読後こんな幸福感に包まれる小説を私は他に知らない。


目を覚ますと、そこは見知らぬ島だった。
地図にも載っていない、150年もの間外部と交流を絶っている島“荻島”。

そこには少々風変わりな人々が生活をしていた。
反対の言葉しか口にしない画家。
身動きが取れないほど太り、同じ場所に座り続けている女性。
いつも道に寝そべり、地面に耳を押し当てている少女。
秩序として人を殺す事を許されている男。
そして未来を予知し、人語を操る事の出来る“カカシ”・・・。

ある夜、島で殺人事件が発生する。
カカシの優午が何者かにバラバラにされ、頭部を持ち去られたのだ。
犯人はいったい誰なのか?その目的は?
そして、未来を知る優午はなぜ、自らの危機を回避出来なかったのか・・・?


ああ、本当に素敵な作品でした。

謎が明らかになるにつれ、満ちてくるこの幸福感。
事件の首謀者の心理や動機が明らかになった時も
関係性など無いと思われていた事柄が徐々に収束していった時も
感じたのは「驚き」よりも「温かさ」で。
そして、最後の最後
彼の本当の“気持ち”が明かされた時の何とも言えない微笑ましさ。

笑える小説も、泣ける小説も、驚愕のラストが訪れる小説も
名作と思える作品は今まで色々読んできましたけれど
でもこんなに優しい余韻に浸る事が出来た作品は初めてです。


さてそんな気分になれたのには
物語の良さはもちろん、と言いますか8割方は物語のお陰なのですけど
登場人物が皆素敵なところも理由の一つではないかと。

皆風変わりなのだけど、とっても魅力的なんですもの。
本当、みーんな素敵で、みーんな好き(あ、城山と曽根川と以外ね)
そんな中で、あえて1人選ぶとするならば、そうだな「ウサギ」さんが1番好きかな。
どこがどう良かったのか聞かれると難しいのですけど
なんだか、彼女の店先でお話をしてみたいなーって凄く思ったんだ〜。

次点はゴールデンレトリバー似の「日比野」くん。
あ、侍っぽい雰囲気の警察官「小山田」も捨て難・・・
と言いますか、色々勘違いされやすい日比野をそっと見守ってる小山田。
って感じにこうね・・・ってゴメンナサイ!!でもだってさー!!

そう言えば「城山」は、折角濃ゆい設定のキャラクターだったのに
それほど活躍(?)する事も無く退場してしまったのが
この作品で唯一残念に思った事かも知れないです。
いや彼の事は好きじゃないですけど!!
でももっと物語に入り込んで来ても良かったかなと。うーん勿体無い。

そうそうそう言えば、城山も含め
結構美形揃いなんですよね登場人物!!特に男性陣がね!!ニシシ


あとこれは「幸福感」とは別で
私がとても良いなと思った部分の話なのですが。
こんなヘンテコな人々がいる、見知らぬ世界に迷い込んだ主人公。
ってまるで「不思議の国のアリス」みたいな“非現実的”な設定なのに
実はとても“現実的”なお話だってとこ。

“しゃべるカカシ”が登場する時点で
現実的ではないだろうと、言われてしまうかも知れませんが
これがまた、カカシである優午がしゃべったり考えたり出来るのも
“魔法”だとか、そんな事ではないんです。
もちろんカカシと言っておいて、実は人間とかロボット。なんて事でもない。
優午は木を十字に縛って頭部分が白い布で出来た、れっきとしたカカシ。
でも彼が話せるのに“科学的根拠”がそこにはあるのです。

まあ、それと同じ構造で作ったら本当にしゃべるかと言われたら
100%無理なのですけどね。
でもそういう“理屈”があるだけで、物語に“現実味”が帯びてくる。

この島が独特な発展をする事になった理由も同様。
実在する有名な人物が絡んでいたりして
だから、有り得ないけれど、でももしかしたら・・・と思わせてくれる。
ファンタジーではない。そう言うなれば、これは「偽史」。


そんなわけなので、私同様“偽史”好きさんに強くオススメしたい!!
それと、ばら撒かれた謎が最後に綺麗に収束する系の作品がお好きな方も是非!!

あと「幸せ」を連呼したので、始終ふわふわと幸せに満ちた物語が
展開するのかと思われてしまわれたかも知れませんが
実は胸糞が悪くなるような残虐行為の表現があったりするので、一応注意が必要です。
まあ大丈夫な範囲だとは思いますが。グロテスクではないのでね。


本当、とてもとても素敵な作品。
心からもっと沢山の方に読んでもらいたいなと思います。
ほんの少しでも興味を持たれた方は是非お手にとってみて下さい。
オススメです!!


[ amazon詳細 : 『オーデュボンの祈り』 / 文庫『オーデュボンの祈り』 ]
posted by 麻吉 at 2007/10/26 02:42 | Comment(6) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[10/10版] 久々・今日の気になる記事

リボルテック ダンボー
◇ [アキバBlog] リボルテックダンボー 「ダンボー」と「みうらちゃん」と「パケ」
よつばのリボルテック』にはそれほど反応しなかった私ですが、このダンボーは欲しい!!
だってダンボーの頭外して「みうら」ちゃんverに出来るんだよ!!(参照)うおお可愛い!!

◇ [ITmedia] 投げて止める手榴弾型目覚まし時計
少し前の記事ですが、これもちょっと欲しいな〜。
だが鏡とかにぶち当てちゃう可能性を考えると手が出ない・・・。

◇ [ファミ通] 『真・三國無双5』新モデルのプレイステーション3との同梱パックも登場!
おお!!セラミック・ホワイト同梱かー!!と一瞬反応したのだが
40GBの新型PS3本体が39980円で、『真・三國無双5』のソフトが7560円。
で、同梱版が49980円[税込]・・・あれ?計算合わなくね?

◇ [engadget] 24金・ダイアモンドをあしらったMacBook Pro
こういうのはあれか?神○うの嬢とかが買うのか?


◇ [アメーバ] 『ヤッターマン』ギャグが現代風になって30年ぶり復活
「ギャグが現代風」というところに一抹の不安を感じるが
ドロンジョ様好きとしては見なくてはー!!・・・ハッ!!ドロンボーの声は同じだよね!?

◇ [日刊スレ] 「魔理沙は〜」がカラオケで配信されるわけだが
うわ本当に!?これはチャレンジしたいかもだわっ!!

◇ [きとVIP] 色々頭きたからジョジョキャラ画太郎風に描く。
『JOJO』と『画太郎』好きはとりあえず見ておけ。上手過ぎだ(;´Д`)

◇ [イミフwww] 彼氏がもうダメかも・・・ その1
ドラゴンボール好きの彼氏との馬鹿なやりとり。ちょいエロ注意。


◇ [ブログチャン] 虫に詳しい奴、緊急だからマジちょっと来い
偶然発見した脱皮直後のセミ観察記録。美しい・・・。

◇ [アルファルファ] ホントにあったPTAからの注文
・・・こんな親に育てられる子供が可哀想だわ。


◇ [情報屋さん] Halo3をプレイする95歳のおばあちゃん
おばあちゃん凄い!!それに可愛い(*´ー`*)

◇ [YouTube] The NEW Sony Bravia advert
街中をクレイうさぎが飛び回るというSONYブラビアのヨーロッパ版CM。
日本版より断然センスが良い。それにしても相当“手間”がかかってるよねこのCM・・・。
ちなみにメイキング動画(参照)と合わせてどうぞ。

◇ [BREAK] Awesome One Minute Painting
スプレーのみを使用して、1分間で幻想的な絵を描くその一部始終。とにかく凄い。
posted by 麻吉 at 2007/10/10 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おうちでごはん (1)」 スズキユカ

おうちでごはん 1 (1)

おうちでごはん (1)
スズキ ユカ / 竹書房 (2005/05/27)


評価:★★★☆☆


ああくそう、煮込みハンバーグが喰いてーぜ!!


料理と食べる事が大大大好きな大学生・鴨川(通称カモ:♂)が作った
手は込んでいないけれど家庭的で温かな“ごはん”を
同じアパートに住む親友の米田やカモの義妹
はたまた一人暮らしをしている、他のアパート住人達も交えて
皆でニコニコワイワイしながら食べる。
そんな幸せいっぱいお腹いっぱいなほのぼの漫画であります。


まあ、そんな住人が皆顔見知りで仲良しなアパートなんてねーよ!!
という悲しい現実ツッコミは置いておくとして
兎に角登場する“ごはん”の美味しそうな事、美味しそうな事!!

読んでいてヨダレが垂れる漫画と言えば
私だと『愛がなくても喰ってゆけます。』や『おせん』が思い浮かぶわけですが
『愛がなくても』みたいにお店を紹介するとか
『おせん』みたいに、食べ物のウンチクや作り方を紹介するとか
そういう「お役立ち情報」を発信するのとは一味違い
食べる事自体の幸福さを、改めて教えられる。そんな内容。


そうなんですよ・・・それが本作の良い所なのです。けど・・・
「ぐあ!!これは美味そうだ!!じゅるり!!」
となっても、ただその美味しそうな絵を指を咥えて見てる他無くて・・・
つまり、やっぱりレシピが欲しいのデスヨー!!

お話によっては作り方が書かれているものもあるのですが
全てでは無いんですよねー・・・。
せめて簡単な作り方。
物語中でなくて良いから、最後のコマにちょろっと補足程度にとか
もしくは単行本のオマケとして巻末に作り方ページを載せるとか。
そうそう、表紙外した中にカモくん使用の道具紹介がありましたけど
あんな感じで作中に解説が無かった料理について書いてあったりしたら
とっても嬉しかったのになーって・・・無念。


ちなみに、この作品の魅力は
登場する食べ物の美味しそうっぷりだけでなく
登場人物もまた、非常に魅力的で。

カモくんのおっとりふにゃふにゃしたとこも
米田くんの元気いっぱいさも
瓜沢さんのクールカッコイイのになんかちょっと変なとこも
遠藤さんの30代に見えない天真爛漫さも
夏実さんの男気溢れてるけど可愛らしいところも
鈴菜ちゃんの明るさも。イイ!!凄くイイ!!

私的には「瓜沢」さんと「遠藤」さんが、違った魅力で甲乙つけがたく。
ああ、その肩に乗っている亀になりたい!!とか
一緒に甘い物食べて、一緒に断食道場行きたい!!とか。
あああと、瓜沢さんが「くぴ」と日本酒飲んでましたけど
ガンガンに飲ませて、あのクールフェイスをメロメロにさせてみたいよね!!
とかハァハァしながら思ってました。変態でゴメン!!


そんなわけで、感動的なドラマで涙・・・とかは無いのですが
幸せそうに“ごはん”を頬張る皆の姿はどこまでも幸せで。
思わずこちらまでほんわかしてしまう。

食べる事に幸せを感じる。そんな方は、是非お手にとってみて下さい。
あ、あとダイエット中の人!!
ダイエット食のお話があるので読んでみると良い・・・か・・・も・・・
いや!!やっぱり止めといた方が良いわ。
だって絶対いっぱいいっぱい食べたくなっちゃうもの!!それは駄目だー!!


[ amazon詳細 : 『おうちでごはん (1)』 ]
posted by 麻吉 at 2007/09/26 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「グミ・チョコレート・パイン グミ編」 大槻ケンヂ

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)

グミ・チョコレート・パイン グミ編
大槻 ケンヂ / 角川書店 (1993/08、文庫1999/07)


評価:★★★★☆


おばちゃんは君達のようなおバカな子が大好きだよー!!


若者の半分以上が聖子ちゃんカットとマッチヘアーであった時代。
思春期真っ只中。将来の事や今の自分の事。ただ漠然とした不安の中で
自分は周りの人間とは違うのだと、何か周囲が驚くような事が出来るはずだと
思う気持ちばかりが先走り、焦繰感にさいなまれながらも
しかし目の前に立ちはだかる性欲と言う名の欲望に負けてオナニー三昧な日々。
そんなオナニー、オナニー、ロック、映画、オナニーな毎日の賢三と
同志である仲間達が贈る、赤裸々青春狂想曲!!


筋肉少女帯大好き乙女でありながら
大槻氏の著書を拝見するのはこれが初めてであったのですが
凄く読みやすくて、面白くて。これはクセになりそうかも!!

まあ、お下品で軽いノリの文面であるので
その辺りで好き嫌いが分かれるところだろうとは思うのですが
しかしそのオチャラケた文章の中に
痛いくらいに正直な思春期特有の悩みと
そして侮れないほどに深い深い人生論が詰まっていて。
だから初めの数ページだけを読んで、本書を閉じてしまうのは
とてもとても勿体の無い事だ。

美甘子が言う「人生はグミチョコ遊びだ」という考え方は
ジンワリと私の中に染み込んで、とても深い所で記録されました。名言。


基本的には今現在、青春真っ只中にいる
悩める青少年たちへの応援歌たるべき作品であるのですが
しかし若者だけ、もしくは大槻氏のファンだけが読むのでは勿体無いです。

かつてそんな時期を体験し、乗り越えた男性の皆様。
特に聖子ちゃんやマッチの時代を、まさにリアルタイムで体験した
昭和40年代世代のオジサマ達に強くお薦めしたい。
きっと恥ずかしくも共感の嵐が吹き荒れる事でしょう。ふふ。

それにその位の年代の方々には
10代の子供がいてもおかしくないわけですよね。
であれば、かつての自分を懐かしむと共に、忘れていた気持ちを思い出して
今まで以上に我が子の想いが理解出来るようになるのではないかと。
時代は変わっても、悩みの根本って変わらないと思うから。
そんなわけで、子を持つ親の方々にも読んで頂きたいと思います。

で、読み終わったらそっと息子に手渡して・・・
ってそれは嫌か、子供からしたら。
特に母親から渡されたら凄い嫌だろうなー。わはははは。


実は本巻はまだ序章です。長い長いプロローグ。
彼等はこれからやっと動き出します。

それが成功するか失敗に終わるかは
この先続く『チョコ編』と『パイン編』で語られる事になるのですが
きっとそんな簡単に上手くはいかないでしょうね。
しかし七転八倒しながらも、読み終った時ハッピーな気分になれるような
そんな物語であると良いなーと
まだ続きを読んでいない私は思うのでありました。

さーて、続き買ってこなくちゃだわー!!


[ amazon詳細 : 文庫『グミ・チョコレート・パイン グミ編』 ]
posted by 麻吉 at 2007/09/13 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[MOVIE] キル・ビル Vol.2



キル・ビル Vol.2
ユニバーサル・ピクチャーズ (2004/10/08)


評価:★★☆☆☆


復・讐・完・了。


事前にそんな感じだよーという情報を耳にしていなかったら
確かに「ええー!!」って思ったかもしれない、と言うのが正直なところか。

始めから最後までハチャメチャで通す事をせず
締めるところはきちんと締める。というのは悪くないと思ったのですけども
でもやっぱりあのノリの良さに魅力を感じていた自分としては
物足りないなーと感じてしまったのでありました。


とは言え、完全に真面目でもないのですけどね。
かつて『霊幻道士』とか『酔拳』なんかを好きでよく見ていた私には
カンフー修行あたりのシーンは懐かしさと共にツッコミどころ満載であったし。
あと、エル・ドライバー戦あたりの内容も
メモ魔なとことかさ!!もー笑ったよ。エル素敵過ぎる!!

あと笑いどことは別で、個人的な好みの話になりますが
いぶし銀な老齢紳士が2人も素敵な役柄で登場して、目がハートになったり。
(頭撃ちぬかれるのも、口を縦に切られるのも勘弁ですけど・・・)
バドが、お兄ちゃんから貰った刀を
あんなの売っちまったとか悪ぶった事言いながら
実は大切に持っていたなんてエピソードに、うっかり萌えたり・・・。

そんな感じで「1」ほどハッチャケてはいなかったものの
面白要素も素敵要素も結構色々あって楽しめたのですよ。
でも・・・やっぱりなんだか物足りない。
なんだろう「ノリ」?「高揚感」?「勢い」?

全体に音が静かだったのも寂しさの要因の1つかなと思います。
「1」はBGMが秀逸でしたからね。
今回は激しい戦闘のシーンもBGMは極力抑え気味で
見せ場のエルとの肉弾戦さえも、効果音だけでBGM無かったくらいで。
だから「1」ほど馬鹿な展開でなかったとしても
せめてBGMが格好良くてノリノリだったら
「うおーカッコイイー!!」ってなって、大満足できていたかもしれない。


と言うか、そもそも「2」は
戦闘自体も結構あっさり目だったですよね!!
エル戦では十分ドッカンバッキンやってましたけども
でもこう肉弾戦が一段落して、二人が刀を手にし、さてここからが本番か!!
と思ったら、そんな攻撃で倒しちゃうのかYOー!!っちゅうね。
それはビル戦でも言える事で
「お互い半蔵の刀で対決しようというんだな?」
とか言っといてそれですか!!って。
皆が凄い凄い言うて欲しがった半蔵の刀なのに、この存在の意味の無さ(涙)。
と言うか、ラスボスが1番よわ(自粛)。


あと、あー軽くラストのネタバレになってしまいますが
普通にハッピーエンドだった事も、物足りなさの要因の1つかも。

いやだってさ!!ビルの手により育てられていて
尚且つ、金魚を踏んづけるという残忍さの片鱗をみせたところで
もー絶対にこの子は暗殺者としての潜在教育はバッチリだと思ったわけですよ。
これでただのお嬢ちゃんなはずないじゃない!!
んで、復讐を遂げ、諦めていた娘とも再会出来て幸せの絶頂であるブライドが
こー愕然とすると言うか、絶望するような展開が
この娘により最後の最後にあったりするのかーしーらー?とか。
はたまた、トドメをさされなかったエルが、ドカーン!!とやってきてギャー
なんて大どんでん返しがあったり、したり。したり?

なんてね、勝手にね、予想してドキドキしてた自分が悪いのですけど
こうもあっさりハッピーエンドのままの終焉とはさー!!!!


うーむむむ。まあそんなわけで、ちょっと残念な結果でありました。
うんでも、エル・ドライバーが最高にイカシていて、ステキでキュートで
抱かれてもいい(エ!?)と思うほどに格好良かったので
それが見れただけでも価値はあったでした。って、そんなシメかい!!

さーて「2」はDVDどうしようかなー・・・。


[ amazon詳細 : 『キル・ビル Vol.2』 ]



☆関連記事
[MOVIE] キル・ビル Vol.1
posted by 麻吉 at 2007/09/05 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE / TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする